これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

06/22
2020

mobamain

kukkoビールとtoilet bowlの記憶

ニシンのソテーに舌鼓をうち
フィンランドのナチュラルkukkoビールで喉を潤せば
当然、Where is the toilet!?となる。

ここで事件は起きるわけだが…

ちなみに、ご存知の方も多いと思うが、
フィンランドはこのところ3年連続で幸福度ランキング世界一。
ということは経済面、福祉の面、健康寿命、自由度、
社会の寛容さ、子供の教育などの面からも満足度は高いということ。

この幸福度の高い国が異国から来た私に厳しい仕打ちをするわけだ…
(受け取り方によっては差別問題とも)

私はご存知のように、鍵山相談役からトイレ掃除を学び、
そのtoilet bowl磨きのレベルは“至高の磨き人”とまで
言われているのにまさかのこの仕打ちである。

トイレのドアを開け toilet bowlを見た途端に
Oh my got!
私は小さな歩幅で2歩ほど無意識に後退りしていたのだ。

このところのヨーロッパの男性トイレは
ここまでの緊張感を持たずに用をたせていたのだが、
久々にこのタイプのトイレと遭遇したということ。

この時ほど日本人が虐げられている事を
突きつけられることはないのだ。
(あー日本人男性のみんなというわけではないのだが…)

まぁ、俺も男だと意を決してtoilet bowlに足を踏み出せば
辛うじてクリアできるわけだが…

とにかく、壁にこの高さで便器が据え付けられているのを
確認した瞬間、緊張感が走るわけだ。

誤解しないで欲しいが、このtoilet bowlに対しては
私だけでなく同行した多くの仲間が、
同じプレッシャーと闘ったと聞いた。

今回、“ビジ達 7”での「エストニア&フィンランドツアー」
の紹介にあたり、写真を整理していてこのtoilet bowl写真に
遭遇したということ。
見ただけで、その時を思い出し、緊張感が甦える。

世界の幸福度ランキングには
このtoilet bowlの高さは関係ないということのようだ。

mobamain

Where is the toilet!?

moba2

Oh my got!

コメント 2020-06-23 194248

フィンランドのkukkoビールは最高だったが…

ページTOPへ