これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

07/27
2020

moba0727

経営者の“アップデートコーチング”こそ、トランスフォーメーションには必須‼︎

経営者のアップデート無くして、
会社のトランスフォーメーションは難しい!!

「この新型コロナウィルスによって
ビジネスがこんなに大きく変わるとはねぇ~。
もうリモート対応にもデジタル化にもついていけないよ」
と経営者がこそっと口にする。

私は間髪置かずに…
「だったら早く経営を誰かにバトンタッチするか、
M&A相手を探しなさいよ。
そうしないと社員とお客様がかわいそうだ」
と一際大きく叫んでるつもりなのだが、何故か声になっていない。
(よくあることだが…)

私は以外に優しい。
言い方を変えれば、経営者本人にしっかりダメ出しできるほど、
私には度胸が備わっていないのだ。

とはいえ、先程の声になっていない語りは正直な気持ち。
そのくらい今は、経営者としてチカラの発揮どころであり、
決断のしどころ。
ここで覚悟と決断のできない経営者はいないも同然。

“アップデートコーチング”を発信し始めてから
「経営者のアップデートってどういうこと!?」
とよく聞かれる。

ここでしっかりと“会社のトランスフォーメーション”を
実践出来ないことは、次なる土俵に上がれないのと一緒なのだ。
上がったとしても相撲にならないわけだ。

じゃどんな変革が求められているかというと…
組織も変えるし、働き方も、
ビジネスモデルも、そして商品やサービスの見直しもである。

もしかしたら、ビジネスドメインをも変えることに
なるかもしれないのだ。
あ~ミッションやビジョンも変える必要もあるかもしれない。

まさに部門のマネージャーやリーダーでは出来ないレベルのこと。

経営者自身がそれまでの“経営のノーマル”を捨て、
令和ビジネスの“ニューノーマル”に向けチェンジしないことには
会社は新たなビジネスのステージで生きていけない。

だから経営者のアップデート無くして 
その会社の未来はないという結論に。

https://ucc.q-b.co.jp/

今こそ“コーポレートトランスフォーメーション”を
と言われているが、
実はまずは経営者自身のトランスフォーメーションが
求められているわけだ。

moba0727

まずは経営者自身のトランスフォーメーション

ページTOPへ