これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

09/23
2020

moba2

佰食屋/中村朱美さんは次なるステージへ!?

京都でお話をさせていただいてから8カ月。
ついに中村さんに、我らがステージに登場してもらった。
当然、飲食ビジネス故にその取り巻く環境は
大きく変化しているわけだが…

「朱美さん、決断してください。
私たちは転職できます!」
佰食屋で働くスタッフからはこんな声が上がっていたという。

このコロナ禍により、多くの人たちが自粛生活を余儀なくされ
お店も開けれない日々が続いていた。
中村さんはついに2店舗の閉鎖を決断。

ということで、テレ東“ガイアの夜明け”での
例の涙の解雇シーンとなるわけだ。

私は思わず…“あのシーン、よく撮らせましたね”と投げかけた。
「いろいろ、提案されたストーリーはあったのですが、
ウソは嫌なので正直に行こうと…」
あれも経営者として避けられない決断シーンだということ。

今回の中村朱美さん招聘は、正直複雑な気持ちだった。
1月にお会いしたときはまさに“時代の寵児(?)”だったのだが、
このコロナ禍により経営のベクトルも変えざる得ない
タイミングとなっていたということ。

でも、そこに登場した中村さんは、私の心配もよそに
経営者として次なるステージにすでに上がっていたのだ。
「今、この経験も活かし次なるビジョンの再構築をしています」と。

できる経営者は、降りかかってくる困難にも決断を繰り返し、
それも経験値として取り込み、
次なるステージへと這い上がって行くのだ。

“人生無駄なことはない”とよく言われるが
まさにその困難をどう捉えるかということ。
“必然”と捉え受け入れたものだけが、
次なるステージへの“チャレンジャーのしての権利”を
獲得できるわけだ。

少し前に『GRIT』という“やり抜く力”をテーマにした本が
30万部も売れていたが、
さまざまな能力よりも、“諦めない能力”を持った者が生き残こり、
次なるステージに上がっていくというのは間違いないようだ。

うんうん、私がファウンダーの会社(株式会社クオーターバック)も
もう38年目だという。
私も結構しつこいからねぇ。

moba1

佰食屋の中村代表

moba2

ついに中村さんに、我らがステージに登場してもらった

ページTOPへ