これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

11/30
2020

moba1

秋山木工、自己紹介させていただきます

えっ!?これって、木工自転車っていうのだろうか?
これも秋山流の木工家具の範疇!?
うんうん、とにかく美しいし面白い!

今回、久々に“職人と丁稚の木工展”にお邪魔させてもらった。
年に一度、職人・丁稚たちが、自分で創ってみたい家具を
デザインからすべて自分で制作、完成させ、
その作品たちが一堂に介して展示されている。

制作に関わる全員が、“自分の創りたい家具をお客様に喜んでいただき、
感動してもらえるにはどうしたらいいか…”
を考えながら取り組んだという。

ということもあり、
ユニークで素晴らしい家具がたくさん並んでいるわけだが…

さて、秋山木工といえば…
丁稚たちによる“1分間の自己紹介スピーチ”が名物なのだが、
久々に目の前で聴かせてもらった。

「自己紹介させていただきます。
長崎市生まれで、おじいちゃんおばあちゃんに育てられ、
大学にも入らせてもらいましたが…

なかなか自分の将来が見えて来ず、
いろいろ迷った末に秋山木工に入らせてもらいました…

しっかり職人ならではの技術力と人間性を身につけ、
おじいちゃんおばあちゃんはもちろん
自分を取り巻く人たちに感謝し、
多くの人たちを幸せにしたいと思っております」
(うんうん、これを聴くだけでも感動する)

大体、こんな感じの1分間の自己紹介なのだが、
時間オーバーしてもやり直し、
何を伝えたいか的を射ないのもやり直し、
しっかりしたビジョンが入っていない場合もやり直しとなる。

これが秋山社長の職人養成の“真骨頂”でもある。
とにかく、真剣に、そして優しく厳しく育んでいくわけだ。

秋山社長が丁稚制度を導入してからもう40年を超したという。
もしかしたら100人に及ぶ職人を
すでに社会に送り出しているのかもしれない。
これこそが秋山社長の“存在理由”でもある。

そして、秋山社長は今年で何と“喜寿”。
ところが自分の役割はまだまだあると
そのエナジーは止まるところを知らない。

「4~5年本気でやれば必ず技術は身に付きます。
そしてその技術を世の中のために使えば、
まず親孝行ができ、周りの人を喜ばすことができ、
そして世界を変えることもできます」と秋山社長は言い切る。

今回私のできることとして、
ユニークな家具を1つ買わせてもらった。
あー、木工自転車じゃないけどね…

moba1

木工自転車っていうのだろうか?

moba2

丁稚制度を導入してからもう40年

moba3

そのエナジーは止まるところを知らない

ページTOPへ