これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

04/05
2021

moba

マリアージュもブレンドも“掛け算”の可能性が…

これ見ると、唾液をついゴクリだよねぇ~。
この溶け方もいいし、こんなに掛けてくれちゃっていいのって…
ふっふっふっ、もう戻せないラクレットチーズ。

このキタアカリは0℃くらいで1年以上寝かせてのものだという。
だからジャガイモの甘味もたっぷり。
そしてこのエスカルゴ風は、カタツムリではなくつぶ貝とマッシュルーム。
うんうん、これもガーリックが効いてて美味しい。

ここまで十勝の食材にこだわっている帯広の屋台村“プチ・プレジュール”。
そして、ここはワインバルだからワインとのマリアージュが
よりその可能性を引き立ててくれるのだ。
(阿部ご夫妻、いつもありがとうございます)

こうして1年ぶりの十勝に舌鼓を打ったわけだが…
今回のテーマは、料理の方ではなくワインの方。

私もここ十勝でワインづくりにチャレンジしているわけだが、
なんと、東京にワインブドウの木がこんなに植えられていた。
そう、この写真は東京都あきる野市の畑なのだ。

このところ東京での醸造所(ワイナリー)チャレンジは聞いていたし、
訪れたところもあるわけだが、
この東京にヴィンヤードがこんなに広がっていたとは!?

そう、私の思惑はこの東京のヴィンヤードと
北海道十勝とのマリアージュ。

もちろん食材もあるがワインブドウ同士のマリアージュも…
分かりやすく言えばブレンドってこと。

先に十勝で収穫されたブドウで醸造されたワイン“yukidoke”も
実は余市で採れたツバイゲルトとのブレンド。
このブレンドがそのテイストに深みを演出してくれた。

そう、このブレンドは“足し算”というより“掛け算”になるのだ。
“掛け算”は新たな可能性を引き出してくれる。

私たちのビジネスでも、連携やプロジェクトチーム展開は
“足し算”でなく“掛け算”となる可能性を持っているということ。
いかに掛け算となるストーリーを創るかなのだ。
もしかしたらリーダーの手腕次第なのかもしれない。

ということで、東京のブドウと十勝のブドウとのマリアージュであり、
“掛け算”を計画しているわけ。
果たしてどのブドウとのブレンドがそのストーリーを拡げ
より大きな可能性を演出してくれるのだろうか!?

ふっふっふっ、その構想は果てしなく拡がる!?

moba

これ見ると、唾液をついゴクリだよねぇ~

moba2

“掛け算”は新たな可能性を引き出してくれる

ページTOPへ