これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

08/16
2021

IMG_6490

神楽坂茶寮の人気 スイーツ“saryoパフェ”

これが人気の“saryoパフェ”。
こだわりの抹茶アイス、 抹茶ゼリーなど抹茶づくしのパフェ。
庭園をイメージした飾り付けだという。

うんうん、私に似合うパフェなわけだが…
なぜか初対面。

何とこの神楽坂に“神楽坂茶寮”がオープンして
18年目だというのにやっと出会えたわけだ。
(まぁ、1人ではこんなカフェには入らないからね〜)

この手前で茶寮定番の“おばんざいセット”を美味しくいただき
この“saryoパフェ”に至ったのだが。
それほど甘くなく、新しい感覚を美味しくいただくことができた。
(そう、こういう体験がこれからのビジネスには大切⁉︎)

この神楽坂にあって、町屋風の一軒屋をまるごと使い、
その雰囲気に合ったお洒落な和風の食事やスイーツが…
これがたくさんの若者やカップルが並ぶ理由。

大きな窓から差し込む日の光とさわやかな雰囲気を醸し出す竹が、
どこか懐かしくほっとする雰囲を演出してくれる。
この懐かしさある雰囲気でお洒落感たっぷりのスイーツを前に
お友達と会話を走らせるのがいいのだろう。

やっぱり自分が行きたいかどうかではなく、
これからを担う若い人たちの嗜好や価値観を知るためにも
時々こういうチャレンジをしないとダメ。

これが“温故知新”ならぬ“温新知故”の実践。
“新しきを温ねて、自分の故きを知る”ってこと。

次回お邪魔するときは…
ラム酒が香るモンブランクリームに抹茶を合わせ
栗の甘みと風味がウリの女性支持率No.1という
“モンブラン抹茶パフェ”にチャレンジしてみたい。

えっ、渋谷スクランブルスクエアの14階にも
この神楽坂茶寮があるって⁈
あれ〜いつの間にか時は流れていた。

もっともっと“温新知故”を実践しなきゃ、追いつかない⁈

IMG_6491

“神楽坂茶寮”外観

IMG_6492

店内は若者やカップルで賑わう

IMG_6493

おばんざいセット

ページTOPへ