これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

05/21
2018

_DSC8430

川野泰周氏に学ぶ”心幹の鍛え方”

ここ最近、プロアスリートたちが一生懸命鍛えている体幹。
しかし、今回お話したいのは体の幹ではなく、“心幹”のほう!

心の中心となる部分を、どのように鍛えればよいのか…?
先日のαクラブ定例セミナーで、精神科医であり
禅宗の住職でもある川野泰周氏を訪ね、お話ししていただいた。

川野氏は、慶応大学の医学部をでて精神科医の経験を積み、
さらには臨済宗建長寺にて3年半の修業を積んだという。
(日本中探しても、こんな方は他にいないのでは…!?)
そして、この2つを上手くオーバーラップした価値観
“マインドフルネス”をテーマに、情報を発信しているという。

マインドフルネスとは、今現在起こっている
リアルタイムの経験に意識を集中させている状態のこと。
今回のセミナーでは、これがどういうものなのか、
坐禅や瞑想を通して体験させてもらった。

インターネットが当たり前のように普及して
進化し続けている今、私たちの身のまわりには
情報が洪水のように溢れている。
つまり、情報の取捨選択がしにくい状況なのだ
(20年前とは全く違う精神環境なんだよねぇ~)。

スマホやiPad、パソコンに次々と着信サインが…!
このように、脳が情報に追い詰められ、
精神的なストレスに苛まれてしまうということ。
その結果、現代の病は身体的なもの以上に
精神的なものにシフトしてきているのだ。
ここに対してアプローチをしていくのが、川野流!

マインドフルネスの状態をつくるためには、
毎日瞑想の時間を取るなど、常に継続していくことが重要。
こうすることで、“心幹”がつくられるという。
この状態をより多くの人に体験してもらい、
精神的強さでありバランスを身につけてもらうのが
川野氏の目指すところなのだ。

今回の体験&セミナーで、マインドフルネスのコツを学び
自分ごととして捉えた参加者たちは、
今の社会問題に対して真摯に取り組む川野氏の
姿勢にも刺激を受けたようである。
これぞ、これからの時代の仕事道なのではないだろうか!?

sgt_main

精神科医であり禅宗の住職でもある川野泰周氏

sgt2

定例セミナーの様子

sgt3

.“心幹”について語っていただいた!

ページTOPへ