これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

07/19
2021

sgt1

“ダイバーシティ&インクルージョン”だから選ばれる“BERG(ベルク)”!

ダイバーシティとは“多様性”のことで、
インクルージョンとは、多様な人の多様なタイプ・嗜好を含めて
全てを受容することだ。
職場において、個性を活かした働き場所をつくることが
“ダイバーシティ&インクルージョン”につながるわけだ。

さてそこで紹介したいお店が、“BERG(ベルク)”というカフェ。
少し前にビジ達モバイルでも一人飲みの聖地“BERG(ベルク)”
として紹介させてもらった。
この店は、新宿駅東口の改札のすぐ近くにあるお店で、
31年前に喫茶店からカフェとして業態を変えたとのこと。

なんと、一日に1500人が訪れるという繁盛店。
このお店はメニューが豊富で
レギュラーメニューだけで100種類以上ある。
通常なら効率を考えてメニューを絞り込むが
“BERG”はそれとは違う戦略。
モーニングサービス、ビールモーニング、ランチサービスとあり、
入り口付近には弁当も置いてあった。
看板メニューの名物ホットドックは大人気で、
天然酵母のこだわりのパンと職人がつくるソーセージとの
相性がいい。どれも味つけはポピュラーで万人受けする。
また、朝から“飲める”ということでも有名だ。
アルコールを飲みたい人にとっても、コーヒーだけの人に
とってもなんか魅力があり、また行きたくなるような
そんなお店なのだ。

新宿での朝の清掃のあと、5~6人でお邪魔したのだが
その時も行列ができていた。
私たちはモーニングサービス付きのコーヒーを頂いたが、
何人か“朝飲み”している人も見かけた。

そしてここは、“女子の一人のみの聖地”としても有名なお店。
30年前は、女子の“一人飲み”が
はばかれる風潮の時代。
女性の副店長が女子が一人で飲める店づくりを目指したという。
そして壁には、「ナンパ・声かけ禁止」のpopがあり、
女性たちも安心して飲めるという。

さて、“ダイバーシティ”のワケが伝わっただろうか。
この“BERG”は、外国人、若いカップル、一人飲みのおじさん
おばさん、60代、70代、老夫婦もいて
まさしくいろんな人たちを受容してくれる店なのだ。
ちなみにこのお店は、JR東日本との立ち退き問題もあったのだが、
多くのお客様からの支援運動もあり
同じ場所での存続が決まったという。

昭和の雰囲気を残しながらも、
“ダイバーシティ&インクルージョン”を実践していることで、
これからも選ばれるお店となることだろう。
これそ“BERG(ベルク)”の仕事道!



sgt1

一人飲みの聖地“BERG(ベルク)”

sgt2

“ダイバーシティ&インクルージョン”を実践

ページTOPへ