これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

12/18
2017

Print

程よいストレスが成果につながる!

先日12月の北海道出張で、とかち帯広空港に着くと、そこは一面雪景色!
なんと真夜中はマイナス15度!!
確か10月に行ったときはまだ気温が15度だったのに…。

十勝平野の緑豊かなパッチワークも、
ご覧の通り、美しいモノトーンへと変貌を遂げていた。
そう、たった2ヶ月で30度もの気温差があるのが、
この北の大地、北海道なのだ!!

その北海道で進めているワインヴァレー構想だが、
先日、日経新聞がこのように取り上げてくれた。
「この北海道も、ワインぶどうの木
(ピノ・ノワール)が育つ土地へと近づいている」。

実は、この北海道の寒暖差こそが、
糖度の高いぶどうをつくってくれる。
ビートやじゃがいもなどの根菜類も同じである。
たった2ヶ月で30度も気温が変わる、
このストレスの多い環境と広い大地が、
北海道産の食材のおいしさをつくっているのだ。

もしかしたら、
それは人にも同じことが言えるのではないか。

ストレスのかかる経験を積み重ねると、忍耐力がつくと同時に、
他者の痛みのわかる人へと成長していくものだ。
特に私たち経営者は、幾度となく訪れる困難な状況に、
逃げずに立ち向かわなければならない。
ストレスを感じながらも、それに挑戦した経験が、
その先の自分をより大きくしてくれるのだ。
“程よいストレス”が、自分自身の可能性を引き出してくれるってこと。

以前、鍵山相談役が
「小さな努力で大きな成果ではなく、
大きな努力で小さな成果がいい」とお話してくれた。

私はあえて
「小さな努力で大きな成果を目指した方が良いのでは?」
と尋ねてみたが、
「いいえ、大きな努力で小さな成果が、いいんです」
とおっしゃっていた。

初めから大きな成果を出そうと焦るより、
まずは大きな努力を重ねていく。
すると、努力をするのがあたりまえとなり耐力もついてくる。
結果、惜しまずに大きな努力ができるようになり、
成果に繋がるような大きなチャレンジにも、
果敢に挑んでいけるようになるというのだ。
ラクにヒットやホームランを経験すると、
コツコツと努力しなくなっちゃうからねえ。
さすが、鍵山相談役の発想だ。

寒暖差というストレスを糧に糖度を増していくぶどうのように、
私たちも“程よいストレス”は
自分の可能性を引き出すチャンスと捉えて、
大きな努力を積み重ねていこう!!

きっとそのくり返しが、大きな成果をも近づけてくるはず!

Print

秋冬のこの違い!!しかしどちらも美しいねえ~!!

s-2

こんな風に取り上げていただいたのだ。

ページTOPへ