これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

03/25
2019

synmain

のめり込むようなコーヒー体験

“STARBUCKS RESERVE
コーヒーへの愛情があふれる、
のめり込むようなコーヒー体験を届けること。
スターバックス リザーブ ロースタリーで焙煎される
世界中で最も希少で、最も高く評価され、
誰もが味わいたいと思うコーヒーを探し求める旅を続けること。
これが、私たちの確固たるコミットメントです”

読んでるだけでワクワクしてきませんか?
読んだ場所はもちろん、中目黒のスターバックス リザーブロースタリー。

この前のリベンジ!と
平日早朝に行ってみたところ、無事入店できました。
そこで2階と3階の間、階段の踊り場の
壁に刻まれていたのが、このコミットメントだったというわけ。
恭しく額縁なんかに入れてないのが、またカッコイイ。

さて、入店してみての体験を一言で伝えるなら『プレミアム感満載』!
4階建てでそれぞれ異なったコンセプトの
フロアになっているところ、1階・2階と満席だったので、
やっと席がとれたのはBarとしてお酒も飲める3階カウンター。

そこでお酒入りのカモミールティー(1,700円也!)
と軽食をいただいたのだが、

1)「のめりこむようなコーヒー体験」と謳うだけあり、
 店に入るだけで大きなストーリーを感じさせるコンセプト。
2)隈研吾氏設計の店舗のカッコ良さ!
3)店内ど真ん中には銅製の大きな豆貯蔵庫があり、存在感バツグン。
 また、ケースに並ぶフードメニューやカップの彩り、
 スタッフの立ち振る舞い、
 これらと巧みな設計による、空間デザイン。
4)☆/R(Rぶんのスター)
リザーブロースタリーのシンボルマーク)のさまざまなグッズ!
5)メニューの豊富さ
6)スタッフのコミュニケーション能力の高さ

こうした要素が相乗効果をもたらして、
ここで飲食をすることそのものがプレミアム感を持つような、
素晴らしいブランディングに成功しているのだ。

2014年、シアトルに初めてできたリザーブロースタリー1号店は、
今や「スターバックス史上最も成功した出店」と言われている。

それは、売上への貢献・ブランディングへの寄与、
どちらをとっても最高レベルのものだから。
その成功を受けて、東京にもついに世界5番目の店舗が誕生したのだ。

実際に行ってみれば、この1店舗が、
スターバックスそのもののブランド価値をどんなに高めるか、
体験として分かるのでは。

“No choice but to experience”
まだ混んではいるけれど、ぜひあなたも行ってみていただきたい。
その混雑の理由が、きっと理解できるはずだ。

synmain

中目黒のスターバックス リザーブロースタリー

syn2

相変わらずの大盛況!

syn3

印象的なコピーが!

ページTOPへ