これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

10/07
2019

moba

シェアリングエコノミーは“融合時代の証

最近は次から次に様々な業界において幅広くそして
面白いシェアビジネスが生まれている。
ご存知のように、これを“シェアリングエコノミー”という
わけだが・・・。

場所のシェアーでは、
宿泊予約のエアービーアンドビー。
先日紹介した軒先株式会社も、利用されていない“空き
スペース“を活かすビジネスだ。

モノのシェアーでは、
車のシェアーサービスやメルカリもあてはまるだろう。

時間のシェアーでは、
ウーバーイーツは余った時間を利用して配達しているので
“時間のシェアー“だ。

人のシェアーでは、
“ANYTIMES”も面白い。これは野球のメンバーが8人しか
集まらず1人足りない時の助っ人依頼も含めた、さまざまな
助け合いアプリだ。
また“トラベロコ”は世界1450都市に住む日本人ガイドとの
マッチングサービス。
私が毎年開催している海外ツアーでも、旅行会社の紹介
だけでなく、個人的つながりでガイドを依頼するとその人が
紹介してくれる場所は、現地をよく知っているからこその
地に足が着いた案内となり、より充実したものとなる。

他にも面白いのは美容院のカットモデルのマッチング
サイトや、洋服のシェア “エアークローゼット”。家庭料理を
作りたい人と食べたい人を結びつける”KitchHike(キッチハイク)”
というのもある。

このようにシェアリングエコノミーのサービスは次から
次へと生まれている。その背景としてインターネットによる
プラットフォームが構築され、マッチングサイトが生み
出されることが発展の要因だ。
実は今まで国や業界において縦割り社会で進んできたことが
いろんな無駄が多く存在する理由にもなってきたわけ。
そこにプラットフォーム出現となり、横への融合、すなわち、
横のつながりがスムーズに行われるようになったことが
シェアビジネスの登場の背景だ。

・空いているスペースを有効に使う
・眠っているモノを有効に使う
・人の時間を有効に使う
・活用されていない能力を有効に使う
・活かされていないお金を有効にする

これらが全て融合していく。
すなわちタテの流れしかなかったビジネスが地球規模となり、
(=縦割り)世界中どこででも取引できるビジネスとなり
横へ横へと拡がっている。
(もしかしたらTPPやEUとの経済連携協定もシェアリング
エコノミーとも言えるわけで・・・)。
そして横へ横へと拡がったネットワークがそれぞれ
相乗効果を発揮している。すなわち横へ融合して
いっている。これが“中島流のシェアリングエコノミー”だ。

融合していくことは、“無駄を省く“ことにつながり地球規模
で考えてもよいことである。

さぁ、これから・・・シェアリングエコノミーによって
満遍なく様々な人・時間・モノ・金が有効活用され、
融合されたその先にいったい何が生まれてくるのだろうか?

今、プラットフォームが出来たことにより地球規模での相乗効果
に発展しようとしている。果たして、横の融合が終わったら、
その先に何が生まれてくるのだろうか!?

moba

横の融合の先に何が生まれてくるのだろう

ページTOPへ