これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

10/12
2020

syn1

“SO Good!”のご利益

私は何かいいことがあると手帳に“So Good!”と書き込む。
それもあえて大きな字で・・・。
(ピンクのアンダーラインを引くことも)
この1週間はいつもより多く5個も
“So Good!”と書いていたのだ。
それでは“So Good!”の中身をいくつか紹介しよう。

その1、αクラブの会員増!
それも若い経営者が参加してくれることに・・・。
アップデートコーチングへの問い合わせ経営者が
結果的にαクラブの会員にもなってくれた。
So Good!

その2、ヤマト宅急便間一髪でセーフ!
午前中指定の時間内にマンション1階にゴミ捨に。
すると、ヤマトのユニフォームを着た人が眼に入った。
「もしかして?」と思い声がけをしたところ、
案の定私だったのだ。
不在連絡票をポストに投函したところとのこと。
紙一重、間一髪で荷物を受け取りができたので、
So Good!

その3、急な思いつき登山でも、50分登頂!
コロナ禍でどこにも行けないでいたが
急に思い立ち高尾山へ登山に向かった。
やや重(おも)とういこともあり、
ゆっくり行こうと思っていたが、なんと50分で登頂成功。
過去の最短は45分なので、なかなか早く登れたのだ。
このことも手帳にSo Good!

このように、仕事でうまくいったことや、ラッキーなとき、
ヤマトの宅急便の受け取りやあきらめていた朝顔の花が咲いた
という些細なことでも手帳に“So Good!”
と書くのだ。
すると、手帳を開いて、この言葉を見て思い出すだけで
“高揚感”がわきあがる。

リアルの手書きの手帳だからこそ、開きやすいし
目的以外のページも自ずと目に飛び込んでくる。
手書きの“So Good!”を目にしたら、
その時のよかったことを思い出し、
その時の気持ちを反芻し
また“So Good!”の快さを追体験できるということ。
これはスマホのスケジュールではなかなか味わえないのだ。

数年前に『ツキを呼ぶ魔法の言葉』の
五日市剛(いつかいち つよし)氏を
αクラブセミナーでお呼びしたことがあった。
五日市氏は、何か嫌なコトがあった時に
あえて言葉に出して“ありがとう”と言い、
いいことがあった時は、
“感謝します”と言おう!というお話。
これが“ツキを呼ぶ言葉”だというのだが、
私の場合、“ツキを呼ぶ言葉”は“So Good!”になる。

調べたらこのビジ達でも“So Good!”について
3年ほど前にも発信をしていた。
(いつの間にかまたくり返すわけだ)
ネガティブな言葉よりポジティブな言葉の方が
大きな影響を与えるという“ポリアンナ効果”として、
アメリカの心理学者が証明していると発信していた。

皆さんも自分なりの気持ちが高揚する“幸運の言葉”を決め、
あちこちに展開したら気持ちよく日々を送れますよ!
ということで、ポジティブな
“So Good!”を目にするとそれだけでSo Good!
になるというSo Good!なご利益のお話でした。

syn1

急な思いつき登山でも、50分登頂!

syn2

so good!

ページTOPへ