これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

04/12
2021

syn

ここ10年で激変する“医療”

このところコロナ禍で様々な大きな変化が起きていて、
医療現場での変化も同様に加速してきている。

さて、私事だが、実は、60歳を過ぎてから
いくつもの病気にかかってしまった。
(健康にはかなりの自信があっただが・・・)
それほど重い病気ではなく、加齢によるものがほとんど・・・。

ひとつめは“帯状疱疹”。
年配の人に聞くと、経験のある人もいた。
寝ててもピリピリと刺すような痛みが走り、
続いて皮膚に赤い斑点ができ、小さな水ぶくれが
帯状に現れてくる。
身体の左右どちらか一方にだけに症状がでてくるのだ。
それほど重くなかったのだが、ちょっと驚いた。

2つ目は3年ほど前になった“鼠径ヘルニア”。
足の付け根あたりの筋膜(腹筋のあたり)が
弱くなったことで腸が“ぽこっ”とでてくる。
腹筋に自信があり、無理な腹筋体勢をとった時
“ピキッ”と音がし、結果的にそこから腸が
はみ出てしまったようだ。手術したが1日の入院で治した。

3つめは“好酸球性副鼻腔炎”。
難病指定されている病気で、鼻茸が出て来たりする。
ぜんそくの人がなりやすいとされている病気。
すでに4年以上付き合っている。

4つめは“ピロリ菌除菌治療”。
健康診断の胃のレントゲンにて胃がただれていることや
潰瘍のあとが見つかり、検査の結果ピロリ菌がいるとわかった。
ピロリ菌は慢性的な胃炎につながり、胃の粘膜を
防御する力を弱め、ちょっとしたきっかけで
癌になることもあると聞いたので除菌することに。

4つほどの病気を紹介したが、
私は20歳以降、60キロ前後の体重で今までその増減は2キロ以内!
毎週3~5キロのランニングや、筋トレ、高尾山登山など
常に意識的に運動しているが、それでもこのような病気に罹患した。

さて、我が国は2020年,人口の28.7%が65歳以上の高齢化社会。
2025年にはそれが30%を超すと言われている。
寿命も延び、高齢者が増えると、病気になり医療の
お世話になる人数も回数も増加するはずだ。

そんなおり、新型コロナウィルスのパンデミックは、
オンライン診療の拡大、セルフメディケーション
(自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は
自分で手当する)の再認識、医療におけるデータ活用や効率化
が促進されるきっかけとなった。
これからは、ICTを利用した最先端技術も医療現場で
使われてくる。5G、AIによる遠隔医療も発展するだろう。
国産初の手術ロボット“ヒノトリ”も開発され、
ここ10年で“医療機関”、“医療機器”、“製薬”、
“薬局・ドラグストア”“医療現場のM&A”と激変していくはず。

これだけ進化が進む医療業界において、
既に医療関連のビジネスをしている人にとって、
今後、様々なシナジーが起きてくるだろう。
また医療に携わっていない業種でも、これまでの
ノウハウを活かした医療関係ビジネスへの進出も
視野に入れてみてはいかがだろうか。

syn

医療現場での変化も加速してきている

ページTOPへ