これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

12/07
2020

kansya1

“生きている招き猫”こと白猫の「ナミちゃん」

私が創業した“クォーターバック”は千代田区の東神田から
新宿区の飯田橋に移転をしてから既に約20年。
コロナ禍もあり、働き方改革も進んだことから
来年4月頃に、台東区今戸へ移転する予定だという。

そこで新しい事務所となる台東区今戸1丁目へ
下見もあり自転車で走ってみた。
自転車で行った理由は、せっかくなので、移転先の周辺を
散策したいと思ってのことだ。

まずは、飯田橋から、靖國通りへ、神保町を通り、
南に向かい、岩本町を抜け6号線へ。
隅田川沿いに6号線をたどると
約30分で台東区今戸1丁目に着いた。

午前中に出たこともあり、待ち合わせまで
充分時間があり近隣を散策すると、
移転を予定している建屋のすぐ裏手に“今戸神社”という神社があった。
せっかくなのでと、中に入ってみると、
鳥居のイメージより敷地も広く、
境内には、「招き猫発祥の地」と「沖田総司の終焉の地」
と書いてあった。(へぇーと思った!)
浅草駅から徒歩15分ほどの場所で、
それほど大きな神社ではないにもかかわらず、
ウィークデーの昼間なのにお参り客が多い。
着物を着た二人連れ、カップル、女性同士と
ほんの5分から10分の間に次々と参拝に訪れているのだ。

私も参拝し、お賽銭をあげ
二礼二拍手一礼をしてふと見たら、
目の前に白い猫がまるまって、すやすやと寝ているではないか!
“招き猫発祥の地”ということで、社殿の奥には大きな招き猫が
置かれているのだが、その手前に“生きている白い猫”が
いたのだ。
しかも“土足厳禁”と札が立てられているその横で
土足の猫が入り込み、肉球をこちらに見せて寝ている姿は
なんとも微笑ましいもの・・・。

この時点で、私はこの白猫について知るよしも
なかったのだが、後で調べたら、この白猫こそが
“生きている招き猫”の“ナミちゃん”だそうだ。
今戸神社に住み着いている猫で滅多には出会えないという。
初めて訪れて、“ナミちゃん”に出会えるとは・・・
(幸運来たる!)

そして“沖田総司終焉の地”ということだが、
沖田総司は結核を患っていて医者の松本良順に診てもらって
いたのだが、その松本良順の仮の住まいがこの今戸神社だった
ということ。
結果として、沖田総司がここで息を引き取ったと言われている。

またこの神社の住所が今戸1-5-22で、“いいご夫婦”と
縁起のいい語呂合わせで人気上昇中だとも後で知った。

ちょっと早めに行って立ち寄っただけでも、
こんなにもいろんな出会いや発見があるということ。
滅多には出会えない白猫の“ナミちゃん”と遭遇し
今回の事務所移転が、“幸運”をもたらしてくれる予感がする・・・!
このような幸運な気持ちにさせてくれた“ナミちゃん”に、
“ありがとう、感謝します!”

“生きている招き猫”の“ナミちゃん”

kansya2

“招き猫発祥の地”だという

kansya3

“ありがとう、感謝します!”

ページTOPへ