これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

目からウロコのおすすめ本

12/24
2021

book

『そしてバトンは渡された』瀬尾まいこ著  “私には5人の父と母がいる”

この本は2019年、本屋大賞受賞の本で、
私も2年半以上前に読んだ。
今回、「目からうろこのおすすめ本」としての紹介だが、
“目から涙のおすすめ映画”と言った方がいいかもしれない。

先日、この本を題材にした映画を観てきたということ。
本も本屋大賞受賞で話題になったのだが、
映画になっても注目されていると知る。
既に興行収入は公開7週目で15億円を突破し、
映画賞も受賞しはじめている。
これから発表される様々な映画賞でも
期待されている話題の映画だ。

本当に映画の後半では、涙が出て・・・
というより何度もティッシュで鼻をかんだ。

この映画は、
永野芽郁さんが主人公。
田中圭さん、石原さとみさん、と3人が主役と言っていいと思う。
他に「私の家政夫ナギサさん」の大森南朋さん、
そして市村正親さんも出演した豪華なキャスト。
副題の“私には5人の父と母がいる”意味は、
一人の母役が石原さとみさん(産みの母ではない)
もう一人の母は写真だけの登場
一人の父は大森南朋さん(本当の父)
市村正親が途中で父親になり、
ずっと主人公役の永野芽郁さんと関わって
いたのが田中圭さんで、この3人が父親として存在。

映画はただ感動するというだけではなく、
“家族の有り難さや大切さ”がわかる映画だった。

実は、私も片親で育った。
母親が実家に戻り、祖母、おじさんおばさん、
従兄弟と生活。
7人家族で、いろんな人に育ててもらった記憶が。
実の親だけではなく、いろいろな立場の家族と、
コミュニュケーションを取り、成長させてもらった。
そういうこともあり、この映画がよくわかるのだ。

2016年の本屋大賞第二位の、『君の膵臓を食べたい』も
しばらく前に映画化もされ、これも涙をたくさん流した記憶が。
本屋大賞は書店の店員さんが読んでもらいたい本を
投票するので、直木賞や芥川賞よりも、ポピュラー性があり、
身近で楽しめる本が多い。
私自身、小説はあまり読まないが、ときどき手にする小説は
本屋大賞受賞作のものが多い。
受賞作が映画化されることも多く、
原作をどう表現するのかという楽しみ方もある。

『そしてバトンは渡された』の映画は
本の良さをうまく再現し、より盛り上がるように演出されていた。
(最後の方でたたみかけるどんでん返しが・・・)
たくさんの試行錯誤を重ね、名優が出演したことも
多くの人への感動につながったのだろう。
たくさんの涙を流したけど、気分はよくなる映画だった。
“目から涙のおすすめ映画”のお話でした。


book

本も映画も話題の作品

ページTOPへ
選ばれるビジネス

12/24
2021

biji

“Fine Choice”の実践時代にどう選ばれるか!?

このところの私のセミナーや講演会ではSDGsにからめて
話して欲しいと言われることが多くなってきた。
そのくらい、時代や社会が環境問題をからめた社会課題に
対して取り組まなければならないことを意識し始めたということ。

このビジ達で“Fine Choiceの実践”を紹介したのが2016年。
概念図もつくり発信していた。
このコンセプトは、
“未来の人たちにツケを廻さないためのFine Choice”で、
いいモノを選ぶという発想。ここで言ういいモノとは、
孫子の代まで残って欲しい“いいお店”、“いい会社”の商品やサービス。
そういういいチョイスをしましょう!ということ。

5年前のビジ達で“Fine Choiceの実践”で、
具体的にあげていたのが
・吉田かばん 
→ 海外に発注せずに国内産へのこだわりがある
・奇跡のりんごの木村秋則さん。
→ 農薬を使わない自然栽培のりんごを生産している
・サイボクハム
→ 美味しく安全な畜産を提供している
・石坂産業
→ 地域のことを考え95%(現在は98%)のリサイクル率を達成している
・寺田本家
→ 身体を思い、天然醸造にこだわっている
こういう会社の商品やサービスを選んでいきたいという概念だ。

今でも、経済合理性だけでビジネスを展開している企業も多い。
そういう会社は、環境問題や社会課題に目をつむり
結果として次世代へツケを廻すことにつながっているのだ。
自分達の利益のためだけに、商売をしているのかを
きちっと見きわめ、いい会社の商品やサービスを選ぶことで
次世代にツケを廻さないことをしていきたい。
すなわち、まさに“Fine Choice”の実践のときがきたということ。

では、実際にはどう選ばれるかというと、
上記5社のように直接のビジネスで“選ばれる”のと同時に
直接のビジネスではない活動からも“選ばれる”こともある。
例えば、“日本を美しくする会”は、全国の中小企業が主な会員で、
それぞれの地域の学校のトイレ掃除や街頭清掃に取り組んでいる。
町や地域を綺麗にすることだけではなく、
地域の問題点に気づき、解決を図っている。
広島の暴走族の解散や、荒れた学校問題にたいしても
“掃除の会”が貢献していることも少なくない。

“新・パラレルワークの実践”でも語ったが、
お金になる仕事の他に、地域の公共スペースの掃除など
お金にはならない取り組みもして、
地域の社会問題と対峙する会社も存在する。
結果として、“地域の存在理由”へとつながり、
選ばれることになっていくというワケ。

私たちは直接のビジネスで“選ばれる”ことを模索しつつ、
直接のビジネスにはつながらないけど、
今の時代に見合った社会課題解決に
企業として取り組むことで、
“存在理由のある会社”へと成長し、
結果として選ばれていくことを目指したい!

key2

“Fine Choice”実践のときがきた

ページTOPへ
ページTOPへ