これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

01/24
2022

key1

2022年“ネオ・自己実現”の時代へ

“ネオ”とは、通常“新しい”という意味だが、
他にも「復活」「リニューアルされた」という意味もある。

私の家(神楽坂)の近くに、
“Rojiura Curry SAMURAI.”というお店がある。
このお店は“野菜を食べる”をコンセプトにしたスープカレーのお店。
札幌で小さなお店から始まり、今は全国で20店舗ほどに拡大。
そこで出されるお米は経営者の北海道の実家でつくられている。

“Rojiura”とは路地裏のことで、路地の裏でお店が
あまり集まらない場所にお店がある。
スープカレーのこのお店は、ミレニアル世代、Z世代にも
人気で繁盛店だ。

その理由は・・・、
写真を観てもらうとわかるように“映え”もある。
野菜が13種類も入っていて、追加もできれば、
嫌いな野菜を他の野菜に替えることもできて、
無添加スープで美味しい。
野菜の量が多く、鳥のモモが一本まるごと入っていて、
それもカリカリに揚げたものか、
スープに浸っているものかの選択も可能。

そして、このお店はアート思考・感性思考が
空間演出などにも活かされている。
壁に野菜の種類が古い感じの木札で掲げられていたり、
テーブルも古い木質の素材でつくられ、いい演出なのだ。
私が注目したいのがこの“時代のセンス”。
食事という時間をどう過ごすかという、
モノではなく、コトを求める人に対して
時代に適合しているということ。

さてここで中島流のこれからの“自己実現”の話へ。
私たち昭和の時代に活躍した人は、
マズローの欲求の5段階説での
3段階の“社会的欲求”、4段階の“承認欲求”の
延長としての5段階目の“自己実現欲求”だった。
すなわち、より便利で、より美しく、より高価で、
そしてより新しいものを求めての“自己実現”。

ミレニアル世代、Z世代の彼らは、
社会生活に必要なものがほとんど出揃った
成熟化した時代に育った者の“自己実現”となる。
その“空間”に、その“シーン”に、その“映え”に、
その“美味しさ”に、その“トキ”に自己実現を求める。
これまで昭和世代の自己実現とは違う。
その新しい価値観の自己実現を私は
“ネオ・自己実現”と名付けてみた。

“ネオ・自己実現”欲求の中では、
“アート思考、感性思考”が求められ、
古いもの(シブいもの)と新しいものが混在する
新しい価値観、“ネオ・アート思考“、”ネオ・感性思考”となる。

スープカレーのお店で食事をすることに準えると、
どんな空間で誰とどんな時間を過ごすのか、
どんな美味しさを楽しむのか・・・。
それらを象徴する“ネオ・自己実現”の場が
“Rojiura Curry SAMURAI.”にあったということ。

2022年は、すでに“ネオ・自己実現”の時代に入った。
ビジネスの世界では、お店のありかた、モノの売り方も
“ネオ・自己実現”に向けてどんな提案ができるかにかかっている!

key2

これまでの自己実現との違いは…

ページTOPへ