これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

はなまるア・ラ・カルト

06/27
2022

ara

パーパス時代の“Visionの山” (WHOシナジーの実践とVISIONの山)

前回のビジ達で紹介した“WHOシナジーの実践”。
“どうやるか”ではなく、“誰とやるか”のシナジーが大切だと発信した。

開催するセミナーや講演会にて、
“すべてが加速する未来に備えよ!”
“ミレニアル世代、Z世代の価値観でありメディアリテラシーを知り
それらに対応したビジネスを!”
“パーパス経営のすすめ”
“DXはもちろん働き方改革の実践”
などについてデータを伴いながら明確に発信すると、
「そんなにあれもこれも至急取り組めって言われても…」
とよく言われる。
そこで、どうしたらいいのかわからない場合として
提案させてもらったのが、
“どうやるか”ではなく“誰とやるのか”を発想すれば
“コトは進む”という話だったわけだが・・・。

そしてそれをテーマにディスカッションを進めていくと…、
“誰と組むか”と言われた時にその対象企業は
本当に組んでくれるのか?
我が社を組む対象にしてくれるのか?
と様々なことが発生する。

自社が相手の会社にとって“組みたい”と思ってもらえるように
自社の整理が必要ということにつながった。
ビジネスを通してどのような山に登ろうとしているのか、
すなわちパーパスでありビジョンを明確にする
ことが大切ということ。

そこで、中島流の“VISIONの山”を創ってみた。
具体的には、

☆Why パーパスは?自分達の存在理由は?
☆Where どこを目指すのか?
☆What 何をテーマに実行するのか?
☆How どう実現するのか?
ということ。

もっと具体的に言えば…、
社会課題への貢献は?
何にこだわり、何を大切にする?
働くスタッフには何を求め、どんなヤリガイを!?
山の登り方については?
となる。
これらを明確にしてから、組みたい企業へアプローチしていく。

さて、どうしてこれらが必要かというと、
2015年に29カ国のミレニアル世代を対象に調査したデータ
がここにある。
◆その企業が事業を行なっている目的を重視する⇒60%
◆高い給料をもらうよりも人のためになる仕事をしたい⇒44%
◆勤務先が社会に貢献していると働く意欲が増す⇒36%

ミレニアル世代は、団塊の世代やX世代とは
価値観が明らかに違うのだ。
これらのミレニアル世代やZ世代が求める社会性があるかが
問われている。だから、
○自社のビジネスとして“登る山”を明確に
○対象企業において組みたい会社に
○相手(WHO)のメリットも考えられる会社に

これらを考え、“誰とやるか”となったその時に“誰か”と
組むためにも、ここで自社の“VISIONの山”を
改めて再構築しましょう!
採用のためにも今いる社員のためにもねぇ〜!

ara

ミレニアル世代は団塊の世代やX世代とは価値観が違う

ページTOPへ