これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

07/26
2021

moba1

“お値段以上、ニトリ”の ワイヤーワードローブを組み立ててみた

これなら、シャツも本もオシャレに整理できそう。
結構器用なほうの 
私の組み立て時間は、約60分。
ふっふっふっ、上野ニトリからのタクシー代含めても
10,000円とちょっと。

仕上げの天井突っ張りパーツのセットにかかり
いい買い物だったと思い始めた時…

ありゃ、天井手前の梁の位置が低すぎて
突っ張りパーツが機能しないではないか!?
おいおいニトリさん!?頼むよ…
(え~え~、こんなことってある!?)

でも突っ張り棒なくても充分しっかりしてるから
これでも大丈夫かも!?
ということで、一通り並べてみたわけだが、結構フィット。

ニトリの食器やベット回りには結構お世話になっていたのだが、
ワードローブなどの家具は初めてかもしれないのだ。
そう、実は書棚も欲しかったわけで一石二鳥。

ということで、数日のうちにワードローブが
もう1セット届くことになっているわけだが、
ニトリの人気はこの辺にあるのかもしれない。

そう言えば『お値段以上、ニトリ』がキャチフレーズだった。

私が北海道の当時のニトリ札幌本社を訪問し、
情報誌の取材をさせてもらったのが20年以上前。
日本中に合計で44店舗の時だった記憶が。

今やニトリの店舗数は、なんと722店舗だという。
中国、台湾でもニトリが活躍していて、アメリカにも出店したという。
素晴らしい20年間の成長!?

当時は似鳥昭雄会長(その時はもちろん社長)も若かった。
1時間の取材時間をいただいてたのだが、
すでに1時間経過していたのに、まだ家具屋になっていないのだ。

伝わっただろうか!?
“ニトリ”という北海道からスタートした家具屋の
成長のポイントを聴きたかったのだが、
学生時代の話を面白おかしく話すので、ついつい聴き入っていると
いつのまにか1時間経っていたということ。

次のお客様を待たせて、そこからもう1時間
話をしてもらうことになるわけだが…
今も人柄は変わらないようだが、似鳥会長はとにかく話好きな人なのだ。

その時からず~とニトリの成長を気にかけていたわけで、
私も北海道出身ということもあり、みなさんに選ばれての成長は嬉しい。

さて、突っ張り棒はセットしてないが、
このニトリのワードローブの使い方!?
“お値段以上”に見えるだろうか!?

moba1

ニトリのワードローブを注文してみた

moba2

お値段以上の仕上がり!?

moba3

シャツも本もオシャレに整理できそう

ページTOPへ