これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

09/21
2021

moba (1)

これが“McLean オールドバーガースタンド”のこだわり

見るからに存在感あるハンバーガー。
私が味わったのが、人気の“ベーコンチーズバーガー”だ。
しっかりしたバンズに、ベーコン、チーズ、肉厚のパテ、
そして新鮮なトマトにレタス。

その価格は1,430円。
(ここも存在感がある)
これまで私が食べたハンバーガーの中では最高級クラス。

ただ、ここまで選りすぐりの材料を使い、
これだけ精魂込めてつくってくれるなら
“決して高くはない”と思ってしまう。

そうなんです、Z世代の価値観では
根本的に高価なものには手を出さないが、
ちょっとだけムリすれば“楽しめるコト”にはお金を出すということ。

“McLean(マクレーン)のオーナー店長が狙っていたのは、
まさにこの味とボリューム感。
そしてNYのブルックリンにいるかのようなお洒落な空間演出。
(少し違うところは、そこから見える水面がイーストリバーでなく
隅田川ということくらい)

私がお店に入ったのはお昼どきを過ぎた14時頃。
1階でベーコンチーズバーガーとウーロン茶を注文し
2階に上がってみると、お客さま一人だけ。

ところが、私がベーコンチーズバーガーを頬張る頃には
2階の5つのテーブルは全て埋まってしまった。

英語で会話するカップルと、
ほとんど話をしないでスマホと睨めっこするカップル。
そして驚いたのは、このこだわりのハンバーガーショップに
一見見合わない近所のオバチャン風の2人連れ。
ところがこの2人連れも、まるで食べ慣れているかのように
あのバーガー袋をピックアップして
手慣れた風にバーガーを挟み食べ始めたではないか。
(これが地域に認められた理由だろうか)

さて、今回の“温新知故”による気付きは、
これらハンバーガーなど競合の多い業態では“振り切る”こと。
やるなら徹底して演出し、価格も徹底する時代。

ちなみに、食通でもない私がなぜ“McLean”を知ったのか?!
(ふっふっふっ、これがマーケッターとしてのセンスというか…)

なんのことはない。
浅草今戸にオフィスが移転したことで、この“McLean”の
目と鼻の先の厩橋(うまやばし)駐輪場に自転車を止めているからなのだ。

オフィスに向かうたびに
そのアメリカナイズされたお洒落な“McLean”バーガーの
建屋を見ていたわけ。

そう、建屋の徹底した演出やデザインからも、
提供する商品へのこだわりをアピールできるということ。

moba (3)

お洒落な外観

moba (2)

NYブルックリンを思わせる

ページTOPへ