これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

10/18
2021

moba_1018

あれから10年の東北被災地で“仮面ライダー”と出会う‼︎

仮面ライダーの初代藤岡弘、が“変身〜ん”と言ってから50年。
何と50年にわたって多くの子どもたちに
“正義の勇気”を与えてきたわけだ。

今もテレビをつけるとオシャレな“仮面ライダー”が活躍している。
そして、藤岡弘、が扮する仮面ライダーとの違いは、
見てくれも違うが、精神面も違う仮面ライダーが描かれていたような…
その昭和の時代とは時代背景も変わり、
当然、違う仮面ライダーを描かなければ観てもらえない。

この“ビジ達”でも度々発信する、成熟化による価値観の違いがあり、
仮面ライダーにもそれが反映されていないとウケないわけ。
50年も経つと、ヒーローの在り方もかなりシフトしてくるし、
その姿のデザインも変わってこないと観てくれない。
常にその時代のカッコいい仮面ライダーを描いてきたということだろう。

そう考えると50年もの間
番組として発信し続けられたことが賞賛に値する。

さて、今回あれから10年の被災地訪問で、
なぜ“石ノ森萬画館”訪問となったのか?

せっかく石巻に来たなら、誰もが子どもの頃お世話になったはずの
石ノ森章太郎先生の“石ノ森萬画館”も訪問するべきと。
(この萬画館も被災に遭っているわけだが…)

石ノ森章太郎先生が仮面ライダーを漫画雑誌に描いてから
なんと52年。
当時10歳で読んでいた子供は
もう62歳の初老のおじさんになっているということ。

ということで、この“石ノ森萬画館”には
歴代の仮面ライダーがずら〜っと並んでいた。
(仮面ライダーファンにとってはたまらないだろう‼︎)

ところで、人気の「鬼滅の刃」もヒーローものだが
その当時の仮面ライダーとは何が違うのだろう⁈
今の仮面ライダーとはどう違うのか⁈
ここに令和の子供たちがアミューズメントに求める何かが
見えてくるのかもしれない。

ちなみに、藤岡弘、が“変身〜ん”と言った頃、私は16歳。
その姿も、そのパフォーマンスも憶えているが
すでに興味はマンガの世界でなく、リアリティある女の子だったような…

もしかしたら、マンガやアニメーションに興味を持つ時より 
この後のリアリティある現実の世界にシフトする時が
一番その価値観の違いが反映されるのかもしれない。

Z世代が観てきた仮面ライダーと「鬼滅の刃」を研究すれば
令和の時代に求められる価値観が見えてくるかもしれない⁈

moba_1018(1)

歴代(昭和)の仮面ライダー

moba_1018(2)

石巻の“石ノ森萬画館”

ページTOPへ