これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

11/08
2021

mova_1108

そろそろ、引越すころだと思わない!?

「ここまで災害が多くなってきたら
そろそろ引越しを考え始めないとねぇ〜」
「じゃ、どの星にする?!」

「あんまり天候が急変したりするのもイヤだし、
地震が多いのもイヤ、津波も怖いし。
怪しいミサイルも無いほうがいいし、
やっぱりパンデミックはもうイヤ!」

こんな会話が出てきても不思議じゃない状態になりつつあるわけだ。
そう、私たちが棲み着いているこの地球の話。

“How many earths do you need for your living?”
あなたが住み続けるためには、地球は何個必要ですか?

すでに聞いたことはあるだろうが…
78億人が日本と同じ水準の暮らしをしたら、地球2.9個。
アメリカと同じ水準の暮らしをしたら、地球5.3個必要だという。
(げげげっ!)

食料やエネルギーの消費はもちろんだが、
これらの消費に伴うこの大気圏の変化が思った以上に大きいようだ。

同じ地球は2個目もないようだし、
今のところ宇宙に似た星も見つかってないようなのだ。
ということは、私たちがこの地球での棲み方であり活かし方を
再検討しないとダメだということ。

グレタ・トゥーンベリという女子高生も語っていたが、
今の私たちだけではなく、これから先の孫子の代まで
考えなければならないわけだ。

こう考えると、地球規模のさまざまな社会課題と
私たちが今、真剣に取り組まないと
その先の人類は地球に棲めなくなるということ。

Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)
それが“SDGs”であり、この17項目を実践することが…
と何度言われても、身に迫ってこないのは私だけだろうか?!

さて、どうアプローチすると、
私も含めみんなが真剣にこれら社会課題と取り組むのだろうか?!

mova_1108

あなたが住み続けるためには、地球は何個必要ですか?

ページTOPへ