これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

12/06
2021

mova_1206_1

吉田吉蔵さんの“一針入魂”から、“一創入魂”へ

『一針入魂』と言えば“吉田カバン”。
そうあの“PORTER”ブランドの吉田カバンである。
ちなみに、私が普段背負っているバッグはず〜っと吉田カバン。

今背負っている私のPORTERは、なんと8代目か9代目。
すでに20年以上同じ型のバックを愛用している。
そのくらいこのバッグは、デザインも使い良さも丈夫さも“So Good!”。

今回、この吉田カバンを改めて紹介する理由は
我が社が引っ越した浅草オフィスの近所に、
吉田カバンの創業者/吉田吉蔵さんの工房が再現され
記念館として存在していたのだ。

実はこれまで、情報誌の取材で“吉田カバン”を何度も訪ねていたのだ。
人気のブランドであることはもちろん、
そのデザインであり、造りにもこだわりがいっぱいあったから。

今も吉田吉蔵さんのこの“一針入魂”はず〜っと受け継がれている。
だからカバン造りは当然、未だに国内製造にこだわる。

私は劣化しつつあったバッグを敢えて新調せず、
吉田カバンに修繕に持って行ったこともある。
もちろん新しい生地に替えてしっかり縫製してくれた。
(さすが吉田カバン!という感じ!)

ちなみに私は最初の頃“よしだよしぞう”さんかな?! と思い、
両親はゴロの良さで名付けたのかと思っていたのだが
実際は“よしだきちぞう”だった。
(その昔、吉田カバンへの取材で気付いた次第。すみません)

吉蔵氏は12歳(1918年)でカバン職人の道を選んだというから
“一針入魂”の鞄づくりへのこだわりは、すでに100年を超している。
こんなに効率を優先するDXばかりが取り沙汰される時代だからこそ、
この“ものづくりへのこだわり”に改めて注目してみたい。

今も人気の吉田カバンは、この“ものづくりへのこだわり”を
継続しながら、DXにもチャレンジしてるからこそ
世代を超えて受け入れられるブランドとなっているのだろう。

私も吉田吉蔵さんの『一針入魂』に倣って
『一創入魂』でやっていきたい。
その意味は、どんな仕事にも独自のクリエイティビティを活かして
展開していきたい…ということ。

mova_1206_2

吉田カバンを生み出す道具

mova_1206_3

吉田カバンの創業者・吉田吉蔵氏

ページTOPへ