これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

目からウロコのおすすめ本

12/24
2021

book

『そしてバトンは渡された』瀬尾まいこ著  “私には5人の父と母がいる”

この本は2019年、本屋大賞受賞の本で、
私も2年半以上前に読んだ。
今回、「目からうろこのおすすめ本」としての紹介だが、
“目から涙のおすすめ映画”と言った方がいいかもしれない。

先日、この本を題材にした映画を観てきたということ。
本も本屋大賞受賞で話題になったのだが、
映画になっても注目されていると知る。
既に興行収入は公開7週目で15億円を突破し、
映画賞も受賞しはじめている。
これから発表される様々な映画賞でも
期待されている話題の映画だ。

本当に映画の後半では、涙が出て・・・
というより何度もティッシュで鼻をかんだ。

この映画は、
永野芽郁さんが主人公。
田中圭さん、石原さとみさん、と3人が主役と言っていいと思う。
他に「私の家政夫ナギサさん」の大森南朋さん、
そして市村正親さんも出演した豪華なキャスト。
副題の“私には5人の父と母がいる”意味は、
一人の母役が石原さとみさん(産みの母ではない)
もう一人の母は写真だけの登場
一人の父は大森南朋さん(本当の父)
市村正親が途中で父親になり、
ずっと主人公役の永野芽郁さんと関わって
いたのが田中圭さんで、この3人が父親として存在。

映画はただ感動するというだけではなく、
“家族の有り難さや大切さ”がわかる映画だった。

実は、私も片親で育った。
母親が実家に戻り、祖母、おじさんおばさん、
従兄弟と生活。
7人家族で、いろんな人に育ててもらった記憶が。
実の親だけではなく、いろいろな立場の家族と、
コミュニュケーションを取り、成長させてもらった。
そういうこともあり、この映画がよくわかるのだ。

2016年の本屋大賞第二位の、『君の膵臓を食べたい』も
しばらく前に映画化もされ、これも涙をたくさん流した記憶が。
本屋大賞は書店の店員さんが読んでもらいたい本を
投票するので、直木賞や芥川賞よりも、ポピュラー性があり、
身近で楽しめる本が多い。
私自身、小説はあまり読まないが、ときどき手にする小説は
本屋大賞受賞作のものが多い。
受賞作が映画化されることも多く、
原作をどう表現するのかという楽しみ方もある。

『そしてバトンは渡された』の映画は
本の良さをうまく再現し、より盛り上がるように演出されていた。
(最後の方でたたみかけるどんでん返しが・・・)
たくさんの試行錯誤を重ね、名優が出演したことも
多くの人への感動につながったのだろう。
たくさんの涙を流したけど、気分はよくなる映画だった。
“目から涙のおすすめ映画”のお話でした。


book

本も映画も話題の作品

ページTOPへ