これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

07/11
2022

sgt_0711

90歳のアイアンマンへ!稲田弘選手の“善循環”

今、89歳のアイアンマンチャンピオンが、
私たちの前で、90歳でのチャンピオンの可能性を語ってくれた。
その方の名は稲田弘(ひろむ)選手。
もうすぐ90歳になるとは思えないようなスクッとした人だった。

アイアンマンレースはフルトライアスロンと呼ばれ、
スイムが3.8km、バイクが180km、
ランが42.195kmのフルマラソンを17時間以内に
走りきる過酷な競技。
このレースに、稲田弘選手は何度も出場して完走をし、
年代別のチャンピオンにもなっている。

稲田氏は69歳で奥様を亡くし、
やることがなくなりトライアスロンを始めた。
奥様存命中に内緒でロードバイクを購入していたこともあり、
2002年70歳でトライアスロンに初挑戦。
年に3回ほどトライアスロンの大会に出場。
出場する度に、最高齢の完走者として
表彰してもらったことが“くせ”になっていったという。

2008年、76歳でついに“アイアンマンジャパン”に初出場。
この時は完走できず、挫折を味わい、
そこからトレーニングセンターへ通い始める。
そしてついに、2011年に79歳で世界選手権KONA大会に初出場
2012年には80歳で世界チャンピオンになり、
しかも80歳以上でのコースレコード、15時間38分を打ち立てる。

2015年、ハワイでのアイアンマン世界選手権では、
完走タイムが16時間50分に制限されていた。
この時、稲田選手は調子が悪く、
16時間50分5秒となり失格。
わすか5秒のオーバーに、世界中から稲田選手のフェイスブックに
多くのメッセージが届いたという。
これを機に、自分のためではなく
世界中の人の期待があって走れていると思い、
トレーニングや大会参加への覚悟が変わったという。

そして、2016年、2018年、当時84歳と86歳で
世界チャンピオンに!
その後、コロナにより走る機会は奪われてしまったが、
90歳でアイアンマン大会に出るべく、
今トレーニングを重ねているという。

中島流で稲田選手をまとめると“稲田弘流善循環”だ。
アイアンマンレースに出場
→ 高齢もあり注目される
→ 応援の声、支援者の協力
→ モチベーションアップ
→ フィジカルトレーニングに励む
→ 日々の節度ある生活が当たり前に
→ アイアンマンとしての体力と精神力の充実
そしてアイアンマンレースに出場

この善循環なのだ。この流れがあるからこそ
シャープな肉体と人前で堂々と喋れる稲田弘選手になったのだろう

そんな稲田選手に質問してみた。 
「多くの応援者がいらっしゃるが
やはり女性の応援はうれしいですか?」と。
すると、間髪入れずに
「もちろんです。私は女性大好きです!」と。
さて、89歳でもオトコは女性を意識するし、大好きなことも理解できた。
私は現在67歳。稲田選手は69歳から始めてアイアンマンのチャンピオンに。
え~~まずは泳ぎから訓練しないと・・・果して!?

sgt_0711

稲田弘(ひろむ)選手と

ページTOPへ