これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

07/30
2018

key_main

“見えざるヒエラルキー”を意識

ワールドカップのロシア大会で活躍していた、
乾 貴士選手をご存じだろうか?
横浜マリノスからセレッソ大阪に移籍、
その後はドイツのブンデスリーガ、
結果的にスペインのリーガ・エスパニョーラで
活躍している優秀な選手だ。

世界から強豪が集まるワールドカップでも、
2得点を入れている。
果たして、乾選手がそこまで
活躍できているのはどうしてなのか…!?

その答えに関わるキーワードは、
“どのような環境に身を置くか”、
すなわち“環境が人をつくる”ということ。
乾選手のように自分の目指すところに向かって
どんどん環境を変え、少しでもチャンスがあれば
一歩踏み出すことが大切なのだ。

なぜなら、社会というものは見えない
ピラミッド型に階層化された組織なのだ。
(これが“ヒエラルキー”)
まあ~見えないさまざまなピラミッドが
たくさん存在しているとも言えるわけだが…。
そのうちのどこに自分が位置しているのかを自覚し、
少しでも上に登ろうと努力するのが
私たちプロとしてのビジネスのあり方なのだ。

プロフェッショナルとしてどのような
スキル・ノウハウを磨き、人間性を高め、
社会人として活躍していくのか…。
“見えないヒエラルキー”は、
実は身近に存在しているのでは!?

しかし、厳しい環境に自分を置かない人たち、
すなわちプロフェッショナルとして
追求しない人たちは、中々このヒエラルキーの
存在に気付くことができないのだ。
そのため、どのような対価が得られる仕事なのか、
休みは多いのか? 楽ができるのか?
ということばかり気にしてしまう。

このような環境に身を置いていると、
当然“見えざるヒエラルキー”を登ることはできない。
人間性も磨くことはできないし、
“徳”を得ることもできないということに。

人生100年時代であるからこそ、無形の資産をどのように
増やしていくかが重要である。
“見えざるヒエラルキー”を意識しないことには、
人生100年時代において、自分本来の計画を
実行していけないし、人間を謳歌することにもならないのでは。

みなさんもまずは、“見えざるヒエラルキー”を
意識するところから始めてみよう!


key_main

乾貴士選手!

ページTOPへ
モバイルショット

07/23
2018

IMG_4990

玉虫色の結論!?

こ、これが“タマムシ”。
うんうん、美しい。
だから飛鳥時代に「玉虫厨子」にその翅(はね)を
使われることになるわけね。

この昆虫が“タマムシ”と知るや否や、
頭に浮かんだのは「玉虫厨子」。
約1200年前にタマムシの翅を色ごとに選別し、
約2ミリ四方にカットして
厨子の蒔絵(まきえ)に用いたという。
ご存じのように「玉虫厨子」は国宝として
法隆寺に展示されているわけで、
この鮮やかな緑であり、青色に輝く美しさを見ていると
何かに活かしたくなるのもわからないでもない。

実は、私と“タマムシ”の出会いはこれが初めて。
(たぶんだが…)
ある親子が先に、大きな切り株の上にいた
“タマムシ”に注目していたのだ。
たぶん、この親子にとってもレアな場面だったこともあり、
かなり親子であれこれ見入っていた。

連日30度超え、いや35度なんてときに、
高尾山にチャレンジしたから
レアな“タマムシ”に出会えたのでは!?
見方を変えれば、“タマムシ”が高尾山の
稲荷山コースでご褒美として待っていてくれたのではないか。
(そんなことはないと思うが…)

そこでビジ達流学び。どんな状況であれ、
常に“自分の可能性を追求する”姿勢が
いろんな出会いや気付きをもたらしてくれる。

人生100年時代の「Myアセットマネジメント」無形の資産づくり。
すなわち、人的ネットワークをつくるのも
さまざまな知識やノウハウを多くするのも
自分のキャパシティを大きくするのもすべて
“自分の可能性追求”の中にあるのだ。
まだまだ、自分の可能性を信じて、
あれこれチャレンジしなくては。

それにしても、美しいタマムシとの出会いは
それまでの暑さとの格闘を一挙に癒やしてくれた。
常にチャレンジする人にも、
たまたま登って出会った人にも、
稲荷山コースの7合目は
清涼感あるひとときを演出してくれていた。

これが、高尾山のキャパシティ。
うんうん、これぞ玉虫色の結論!?

IMG_4990

見事なタマムシが…

ビジ達画像_テンプレート

高尾山にチャレンジ!

IMG_4991

疲れも吹き飛ぶ美しさだ

ページTOPへ
目からウロコのおすすめ本

07/23
2018

IMG_6904

『人生で大切なことは、すべて厨房で学んだ』 庖・上神田梅雄

毎月恒例、新宿の早朝清掃でいつも顔を合わせる方がいる。
それが、上神田梅雄氏だ。
そう、かの有名な新宿調理師専門学校の校長なわけだが…。

その上神田氏が、先日出版された本が
『人生で大切なことは、すべて厨房で学んだ』だ。
師匠・西宮利晃氏への弟子入りから
修業時代を経て一流の料理人へと成長するまでを描いた自伝である。

この本によると、料理人にも力士の番付のように
下洗い、中洗い、焼き方、向板(むこういた)、板前…
といった、10段階の地位があるそうだ。

和食の一流料理人たちはみなこの地位を
大変な努力で登っていくわけだが…
上神田氏は下積み時代、
人の3倍働こうと取り組んでいたという。

本の中に、こんな言葉がある。
“鍋磨きも包丁研ぎも、トイレ掃除だってあります。
「洗い方2年間」は料理とは直接関係のない
下っ端仕事の毎日なので、気持ちが腐るのではないかという
印象を受けるかもしれませんが、
ここが一流の料理人への道を歩むのか、その道から外れるのか、
まさに分岐であり「分水嶺」となるところです。”

一見遠回りに見える手入れや掃除だが、
そうした地道な仕事からはさまざまな気付きや、
それを見て、評価してくれる人との出会いがある。
効率ばかりを追っていては、成長が出来ないことを
上神田氏は見抜いていたのだ。

さらに上神田氏は、稽古事にも徹底して向き合った。
氷彫刻や生け花、切り花、茶道など、
料理には直接関係が無くとも、
和食の場を彩る技を身銭を切って習得したという。

こうした姿勢こそ、一流とそうでない料理人を分ける
分水嶺なのだろう。

弊社(クオーターバック)にも、
働く価値「7つの法則」という以下のような基本的理念がある。
1.成長の法則
2.社会性の法則
3.出会いの法則
4.生活活性の法則
5.存在価値の法則
6.可能性追求の法則
7.生きがいの法則

一流の料理人に憧れ、料理の世界へ飛び込み、
師匠である西宮氏との出会いや、
料理の仕事を通じて成長し、
自分の可能性を追求していった上神田氏は、
まさに“働くことの価値”を理解して
実践していたのではなかろうか!

やはり理念ある徹底した仕事こそ
人としての成長につながるということなのだろう!

IMG_6904

上神田氏が、先日出版された!

ページTOPへ
シナジースペシャル

07/23
2018

IMG_5068

健全なるビジネスは、健全なる肉体に宿る

始めにお伝えしておくが、これは自慢ではない。
私の通っているジムにはオムロンの体重計があり、
詳細に体の状態を把握することができるのだが…。

私の骨格筋率は43.4%。
(体のベースとなる筋肉で、平均が32.9~35.7%。
高い人で37.4%~60.0%)

基礎代謝は1505kcal。
(私の年齢では1350kcalが平均である)

体脂肪率は11.9%。
(標準は20%…13%以下はかなり低いほうである)

そして、体年齢は18歳!
(実際の年齢とは45歳も差があるではないか…!?)

繰り返しお伝えするが、決して自慢ではない(;・∀・)!

さて、何を言いたいかというと…?
以前ビジ達でお話しした、中島流の“Myアセットマネジメント”。
すなわち“無形の資産”をどう増やしていくかが
ポイントとお話ししたが、その中でも
肉体的・精神的な健康を保つことは最重要なのだ。

筋肉というと有形なものに感じるが、
健康という概念では無形の資産にカウントできるはず!
100年時代において、よい状態でビジネスに
携わっていくには健康でなければならない。

仕事において体が資本であるのはもちろんのこと、
よい判断や決断、そしてよいアイデアを出すにも
バランスのよい健康体であることは必須なのだ。
食事や運動量、睡眠の質を意識することで、
仕事への“ヤル気”も演出することができる。

まさに、健全なるビジネスは、健全なる肉体に宿るのだ!

肉体の数値を気にしたり、
心の健康を保つため、マインドフルネスで心幹を鍛えたり…。
いい判断、チャレンジを続けるためには
日頃から心と体の健康を意識することが最重要。

みさなんも、健全なるビジネスは健全なる肉体に
宿ることを忘れず、日々鍛錬に励んでみてはいかがだろうか…!?
(先ほどの数値を保つのは、それなりに大変だけどねぇ~)

IMG_5068

自慢ではないけど、体年齢18歳!

IMG_3487

自慢ではないけど、体脂肪率11.9%!

IMG_3483

自慢ではないけど、基礎代謝1505kcal!

ページTOPへ
モバイルショット

07/17
2018

mobilemain

房を切り落とす“勇気”

房を切り落とす“勇気”がなきゃ、
良質の味の濃いぶどうはつくれない。
すなわち、美味しいワインはつくれないってこと。

こんなことを語ってくれた勝沼醸造の有賀(あるが)社長。
これは先日の東京NBCのサマーカレッジで、
勝沼醸造を訪問したときのこと。
とにかく、ワインづくりにこだわりと情熱を持って
チャレンジしていることが、ひしひしと伝わってきたのだ。

そして先日、月刊CDにゲストで登場してもらった
北海道で注目のワイナリーを展開する
山崎ワイナリーの山崎大地氏。
山崎氏もこの房を切り落とす“勇気”を語っていた。

ぶどうの房を切り落とし、1本の木になる房を減らすということは、
当然できるワインの量も減ることになるわけだが、
この“勇気”がより美味しいワインづくりに
つながるってこと。
実は、この“勇気”からつくられるワインの味こそが、
ワインづくりに関わる人たちの情熱と
その地ならではのテロワールを集約した“成果”となる。

すなわち、この集約した成果が、
「美味しい」を演出し、ブランドをつくり、
顧客づくりにも貢献してくれる。
たまたまこのところお会いした注目の2つのワイナリーの
“こだわり”は、同じベクトルだったのだ。

さて、この“量を追わず、質を追う”展開。
ワインづくりに限らず、私たちのビジネスでも多く耳にするわけだが…。
実のところ、この質を追求するアプローチには時間がかかる。
(ここがポイントなのだ)
ある程度の質に到達するためにも時間がかかるが、
その質が浸透しブランドを確立するまでにも時間を要するってこと。
だから、ついつい目先の量を追ってしまいたくなる。

ところがだ…目先の量を追っていくと、価格競争に巻き込まれたり、
常に競争にさらされて次第に疲弊していくことに。
(そうなんだよね~~)
そうそう、こんな話をしていると池井戸潤氏原作のドラマを思い出す。
ドラマの主人公は厳しい業界の中で質を追う展開。
(だから時間がかかる)
そこに銀行がからみ、量で展開するライバルが…。
それでも、頑(かたく)なに自分たちの信じる質を追求していくわけだが
そこにドラマが生まれるわけだ。

戦後、アメリカ的経済にその軸足を置いてきたこともあり、
日本もいつの間にか効率であり、
均質化を追ってきてしまったということ。
このままでは、地球規模の競争に飲み込まれ
行きつく先は見えてきているような気がする。
ここで踏ん張らなきゃ、未来ある明日はやってこない。

ここは、「下町ロケット」であり「陸王」のように踏ん張り、
“房を切り落とす勇気”を持って存在価値ある
「質」を追求していこう。
そして、その地ならではの
固有ブランドをつくっていこうではないか。
私はこれが日本というテロワールを活かした
ビジネスに思えてならないのだ。

これがやられたらやり返す。
日本の倍返しだ…はっはっはっ
これは半沢直樹だから、ちょっと違うかぁ~~

mobilemain

良質のぶどうづくりには、房を切り落とす“勇気”が必要

mobile2

勝沼醸造の有賀(あるが)社長

mobile3

山崎ワイナリーの山崎大地氏

ページTOPへ
ページTOPへ