これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

06/17
2019

IMG_4997
NEW

プレゼン資料もノベルティも「6G」

げげっ、のっけの画面も5Gでなく「6G」。
どの画面にも「6G」が飛び交っているではないか。
私たちは、まずは5Gの現状であり、
その実質的メリットを確認したかったのだが…

そしてオール大学プログラムマネージャーのMr.Posioが話し始める。
「今日はワイヤレスコミュニケーションについて話すわけですが…」
といいながら、上手くパソコンと連動しないスクリーンのため、
何度もケーブルの接続を繰り返すのだ。

そして、Mr.はこんなことを…
「もちろんキャンパス内には5Gのネットワークは行き渡っています。
ところが、このように机上にはまだまだケーブルが存在してるんです。
いつの日かこれらケーブルが全てなくなる日を願ってます(笑)」

てなわけで、「6G」の研究はすでに始まっているようだが、
その実態は…
「5G」の実質的活用でありソリューションも
これからと言っていいだろう。

とはいえ、それぞれの技術開発とプラットフォームづくり、
そしてさまざまなソリューションとしっかり向き合っているのは確か。
この「6G」へも取り組む姿勢が
世界のさまざまな企業からの共同研究やソリューションのアプローチに
繋がっているのは間違いないだろう。

これらプロジェクトによる実質的経験が
今後の技術開発にも活かされることは間違いないだろう。

先日のビジ達で、
「5Gはまだ作業中で、6Gもすでに形状を取ってます」
というキャッチコピーからフィンランドの最先端技術の可能性を
発信したわけだが、実態もそれに近い状態だったということ。

だが「5G」による実質的ソリューションには
まだまだ時間はかかるようだ。
日本もそうだが、2020年がまさに“5G元年”というところだろう。

5G対応のデバイスの普及も必要だし、対応アプリも。
そこでその超高速大容量であり、多接続、低遅延を活かした
インフラの整備、Iotやロボットの開発が必要となってくるわけ。
やっぱりまだまだ時間はかかるわけだ。

ということは、これからの開発意欲と技術力の集約により、
そのイニシアチブはどの国の誰が握る分からないということ。
このICTの世界地図はどう描かれるのだろう⁈

mobamain

ICTの世界地図はどう描かれるのだろう

IMG_4997

プレゼン資料も6G

ページTOPへ
モバイルショット

06/03
2019

mobamain

あなたは“新たな世界地図”をどう予測する⁈

このフレーズが今回の「エストニア・フィンランドツアー」
ガイド冊子ののっけの一言。
果たしてこの北欧ツアー、どんな出合いが待っているのか⁈

今回は経営者を中心としての総勢13名のクルー。
エストニアの首都タリン、フィンランドの首都ヘルシンキ 、
そして北部の中心都市オウルを体験する。

そしてガイドではこう続くのだが…

日本でもこの秋にスタートする「5G」って
どんなことができるようになるの?
「MaaS」を実現するフィンランド発の“Mhim(ウィム)”って
どんなアプリ?

「電子政府」が実現されるとどんなメリットがあるの?
世界ナンバーワンだった携帯電話のNokiaはその後どうなったの?

この令和時代に入り、世界の先端技術の行方は是非知りたいもの。

今まさに「平成・令和維新」とまで言われる
パラダイムシフトのとき。
日本はもとより地球規模で、ビジネスにも社会システムにも
大きな変化が訪れようとしている。

すなわち、ITが、AIが、その関係企業たちが、
先を争い合いながら“新たな世界地図”を描こうとしているのだ。
その“新たな世界地図”を予測するためには、
現場を観て聴いて触れて想像するしかない。

コロンブスやバスコ・ダ・ガマの時代は終わったが、
新しい時代の可能性を察知する
地球探索の時代が訪れているということ。
新しい時代の在り方と世界地図を一緒に予測しょう。

(うんうん、我ながらいい表現だ)
という言葉でガイドのプロローグを締めているわけだが、
私たちが知っている国と国を分けるボーダー地図ではなく、
新たな次元での地図が描かれようとしているってこと。

今週、半ばに出発するわけだから
次の私のコンテンツ発信の時は、
このエストニア、フィンランド探索の後ってこと。

てことは…フィンランドサウナも体験してるだろうし、
マリメッコの人気も、Geishaチョコレートの訳も
語れるはず。
(最先端技術の情報はどこへ⁈)

とにかく、次なる発信に、乞うご期待!

mobamain

「エストニア・フィンランドツアー」のガイドブック!

moba2

次なる発信に、乞うご期待!

ページTOPへ
モバイルショット

05/27
2019

mobamain

TBM山崎社長の“情動力”

あの野田一夫氏が後押ししてくれて経産省へ。
日本製紙の専務取締役だった角 祐一郎氏が
技術部門の先頭に立ってくれて…

お陰様で大日本印刷も凸版印刷も協力してくれてます。
孫正義氏も応援してくれて…

先日、目の前でTBM山崎敦義(のぶよし)社長の
熱い話を聴いたわけだが、やっぱり高いビジョンを持ち、
世界に先駆けた事業展開をする会社の社長の情熱はスゴい。
(講演を聴いた誰もが興奮したという)

地球規模の課題解決をテーマにしている事業だからこそ、
多くのキーマンであり、先達の方々も協力してくれるのだろうが、
そのリーダーとしての感性であり判断力も素晴らしい。

そして、ここで注目したいのが山崎社長の「情動力」。

このところ時代の“商流革新”として4流「金・物・人・情」を
意識することが大切と発信しているが、
注目は最後の2つ“人流”と“情流”。
通常は人の流れと情報の流れのことだが、
“人情”と読めば人の情けのこと。

そう、時代の流れは変わっても情によって“人が動かされる”ことは
変わらないということでもあるのだ。
すなわち、山崎社長の情に作用する力「情動力」がハンパないということ。

だから、何度も訪れる危機にも助け船が訪れるわけ。
どれほど多くの人たちが山崎社長のこの情動力に触れ、
動かされていることか。

ということは、どんなに知的でロジカルな事業計画であったとしても
多くの人たちが協力したくなるかは分からない。
その人自身に情動力があるかどうかなのだ。

拙著『儲けないがいい』にも登場する「情動力」。
どんな事業でもどんなに新しいビジネスでも、
とにかく人が必ず絡んでくるわけだから「情動力」は作用するってこと。

山崎社長の話を聞いて久々に「情動力」を語りたくなった次第。

ちなみに、月刊「Business Today 」にもTBM山崎社長が登場する予定。
乞うご期待!

mobamain

TBM山崎敦義社長

moba2

社長の話を聞いて「情動力」を語りたくなった!

ページTOPへ
モバイルショット

05/20
2019

mobamain

Business Today 3カ月無料配信!

◆6月号は、あの“里山資本主義”の「藻谷浩介氏」が…
◆7月号は、バイオマスジェット燃料で有償フライトの実現を目指す
 ユーグレナの「出雲 充社長」が…
◆8月号は、さいたまアリーナを超満員にするDDTプロレスリングの「高木大社長」が…

どうです⁈ この顔ぶれ。
素晴らしい語りを発信してくれること間違いなし!

このような注目の著名人や有識者たちが登場し、
そこに私中島セイジと山尾百合子が絡み合い
これからのビジネスを発信するのがBusiness Today 。

あなたは毎月のBusiness Todayを聴いているだけで、
これからのビジネスの時流が見えてくるということ。

ほらほら、聴いてみたくなったでしょう⁈

Business Today はスタートして早丸2年になろうとしているのに、
まだその存在を知らない人がいっぱいることが判明。
だったら…
「3カ月間無料配信(CD発送)をやっちゃえ!」
となったわけ。

ということで、この記事の一番下にあるURLのフォームから
「無料送付希望!」と送り先住所を入れてもらえば、
この顔ぶれの6月、7月、8月号は順次お手元に届くということ。
(ふっふっふっ、太っ腹…ヽ(;▽;)ノ

今は、このところ繰り返すパラダイムシフト75の「平成・令和維新」なわけで、
その変化は激しく、どんどん行動し「飛耳長目」を実践しないことには
「商流革新」はもとより、時代の変化も見えてこないのだ。
(「飛耳長目」は幕末の思想家 吉田松陰が遺した言葉で
Business Todayのコーナーにも登場する)

インターFMで配信のラジオ番組「中島セイジと山尾百合子のBusiness Lab.」は
終了してしまったが、月刊CD「Business Today 」として
そのビジネス番組は発信し続けているということ。

この時代、先端情報とそれを活かす発想、そして実践した者だけが生き残る。

さて、あなたの選択と決断は?


■ビジネストゥデイお申込み・お問い合わせ
http://bt.q-b.co.jp/inquiry_today/

ビジネスCD「中島セイジ&山尾百合子のビジネストゥデイ」無料体験CD希望 を選択し
必要事項をご記入の上、送信してください。
(※お問い合わせ内容欄に、「2019年6〜8月号キャンペーン希望」とご記入ください)

mobasub

豪華ゲストが勢揃い

moba2

このチャンスを見逃すな!

ページTOPへ
モバイルショット

05/13
2019

mobamain

“カレーは飲み物”だっけ⁈

「カレーは飲み物。」
えっ⁈これってキャッチフレーズ⁈
まさか、店名⁈

私が通う耳鼻科医院の近くにあるカレーの専門店。
いつ頃からこの看板が出されていたか記憶はないのだが…
とにかく大きな字で「カレーは飲み物。」の看板が掲げられていた。
ある日、そのお店の前を通り過ぎようとした途端、
その文字が目に飛び込んできて、速攻で入店した記憶が…。

その時の入店までの3秒にも満たない集約された葛藤を思い出すと…

え〜、カレーは飲み物だっけ〜。
違うでしょう。
それともこの店はスープカレーのようなシャブシャブのカレーを
ウリにしているってこと?
とにかく普通のカレーとは何らかの差別化が図られている
ということなのだろう。
まぁまずは食べてみないことには…

という葛藤の末に入店してみたわけ。
とどのつまりは、看板のキャッチフレーズにつられて
入ってしまったのだ。
ちなみに「カレーは飲み物。」というのは、
まさかの店名だったわけだが…

やっぱり、人は店名やキャッチフレーズで惹きつけられ
行動に反映するってこと。

そういえば、日本での本場イタリアンで一世を風靡した
カルミネ・コッツォリーノさんが、
「イタリアでは、ワインは味噌汁」の
画期的比喩表現をしたことがある。
その瞬間、そこにいた誰もが
そのインパクトある言葉に驚きながらもしっかり記憶したという。
その表現を耳にした瞬間、私たちの頭の中では
ご飯のとなりの味噌汁と
ワインが入れ替わったり点滅したりしたということ。

大きな字の「カレーは飲み物。」の看板を目にした瞬間、
カレーに慣れ親しんでいる私たちは、
早速、頭の中にそのカレーの状態をあれこれ想像してみることに。
そして、食欲も刺激され、好奇心も働き入店となるわけだ。

私もこの仕事についてなんと37年になるわけだが、
改めて、ネーミングの大切さ、キャッチフレーズの重要性を
今更ながら気づかせてもらったということ。

「カレーは飲み物。」の創業者の社長も、
テレビを観ていて耳にしたこのフレーズから
強烈なパワーを感じ、店名とすることを決断。
そして、それに違わないカレーづくりを試行錯誤したという。
(その社長の感性はさすが!)

ということで、今では複数の姉妹店があるわけだが…
2017年には「とんかつは飲み物。」
というお店が池袋にオープンしたという。

え~、とんかつは流石に飲み物ではないでしょう⁈
俺のフレンチ、俺のイタリアン、俺の割烹などの
「俺の…」シリーズとは違うんだから…

mobamain

カレーは食べ物!?

moba2

とんかつは流石に飲み物じゃないでしょう!?

ページTOPへ
ページTOPへ