これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

12/10
2018

mobamain
NEW

ドローンの目線を楽しもう!

“オスの蜂”のこと!?
それも、蜂のコロニーの中にいて、
働かずに女王蜂に子を産ませるオスの蜂。

やっぱりいるんだよねぇ~、どの種族にもこんな輩が…
「ドローン」って、オスの蜂の中に
あってもかなりのプレイボーイってこと!?
ちょっと羨ましいが…
今回はドローンの由来ではなく、その目線の新しさに着目!

これは先日のNBCのクリスマスイベントでのこと。
ワイワイガヤガヤの宴の空間を
ドローンが縦横無尽に飛び回ってくれていた。

まさに蜂の目線なのだ。
注目したいところではホバリング、すなわち停止飛行をし、
その人の目線をもらう。
なぜか多くの人たちはドローンの目線は放っとけないようなのだ。

今、自分の右手側に居たと思ったのに、
もう頭の上いるではないか。
ある時は足元をすり抜け、
そしてある時は会場全体を俯瞰する。
ドアを開ける人がいると、
まるで開けてもらったかのように我先に飛び出して行く。
自分ではドアを開けて戻ってこれないのにだ。

私も少し前までは、ドローンは屋外で
活躍するものと思っていたわけだが、
その目線は室内でも十分新鮮で趣きがある。
目線の高低にスピードの強弱含めると、
さまざまな目線を演出してくれるのだ。
これまでの手持ちのカメラワークでは
まず不可能と言っていいだろう。

数年前に舞台演出を手掛けるドローン操縦者が、
「もう少しするといろんなところで
ドローンが飛び回る時が来ますよ」
と言っていたのだが、
私は心の中で否定してしまっていたわけだが…
まさか自分自身が、ドローンの目線を
さまざまな演出に使おうとする時が来るとは!?

ドローンを活用した映像づくりというだけで、
何かワクワクするのだ。
まるで突如出現した最高峰に
これから登ろうとする登山家のような。
いや、これまでになかった高性能な武器を持ち
戦場に出向く兵士の気持ち。
とにかく、ドローンの新鮮な目線を活かし
クリエイターとして楽しみたいのだ。

ということで、私がこれから創り出す
ドローン映像に、乞うご期待!
(気になる映像は…こちら!
https://youtu.be/AOUcMZZNCUw

ところで、蜂の“ドローン”は
どうやってコロニーの中で選ばれし者になったのだろう。
そこが気になるのはなぜ?

mobamain

私がこれから創り出す ドローン映像に、乞うご期待

ページTOPへ
モバイルショット

12/03
2018

mobamain

二宮尊徳流「V&Tプレゼンテーション」のすすめ

それでは○○○株式会社、○○の
V&Tプレゼンテーションをさせていただきます。
私どもの会社は…

みなさんこんな始まりでプレゼンテーションに入るわけだが、
その表情、声のトーンからも緊張感が伝わってくる。
普段には無いだろうこの緊張感が
このイベントのいいところなわけだが…

プレゼンする者にとっては
とにかく、シチュエーションがいい。
この1年(9ヶ月間)、一緒に学んできた仲間たちと、
このリーダーズセミナーに送り出してくれた
経営者たちが一堂に会するわけだ。

すなわち…
①学びの投資をしてくれた自社の社長にプレゼン
②今後、この学びをどう活かしていくかをプレゼン
③9ヶ月かけて一緒に学んできた仲間たちにもプレゼン
④その仲間たちの会社の経営者に向けてもプレゼン
⑤そして、そのプレゼンはコンペティション!

このシチュエーションがいい緊張感を生み出すということ。
そして、プレゼンの中身に注目すると…
自社で普段から考え行動にしてない者が
思わず大事ばかりをプレゼンしようとするから無理が観えてくる。

そういえばあの二宮尊徳先生もこんな事を発信していた。

大事を成さんと
欲する者は、
まず小事を務むべし。
大事を成さんと
欲して小事を怠り、
その成り難きを憂いて、
成り易きを務めざる者は、
小人の常なり。
それ小を積めば
大となる。

そうなんだよね〜。
すなわち「積小為大」ということ。
まずは普段から小さなことにチャレンジしてないと、
絵に描いた餅になってしまうということ。

あれっ、もしかして今回のセミナーでは、
このこと教えてなかったかもε-(´∀`; )

mobamain

今年もみんなでパチリ!

moba2

真剣にプレゼンしている

moba3

やはり大切なのはこれだ!

ページTOPへ
モバイルショット

11/26
2018

mobile1126

勇気ある六十歳がいる

臆病な二十歳がいる すでにして老人
勇気ある六十歳がいる 青春のまっただなか
歳を重ねただけでは 人は老いない
夢失ったとき はじめて老いる

青春とは 真の青春とは
若い肉体のなかにあるのでなく 若き精神のなかにこそある
(サムエル・ウルマンの「青春とは」からの抜粋)

先日の「石門心学・実践講座」のプレゼンで
60代半ばの吉田 有(たもつ)氏がこの詩を使い語ったのだが…

吉田氏は現状である「今、ここ」が大切なのだという。
吉田氏は今、ZENコーチングをしながらアメリカでの“天平山プロジェクト”に関わり、
“ZENトレプレナー”を目指している。
まさに今が青春のような勢いで語っていたのだ。

やっぱり「人生は短いけど、長い」。

先日も「サピエンス全史」の紹介の時に語ったが、
地球の歴史45億年を小さな部屋の壁一辺の4m50cm(4500mm)に例えると。
100万年がたった1mmとなり、
アフリカで人らしき者が出てきたのが250万年前だから
わずか2.5mm。
部屋の隅っこのたった2.5mmってことだ。
我々の祖先といえる(?) ホモ・サピエンスが登場するのは
それからだいぶ経った20万年前だからわずか0.2mm。
私たちが西暦で…とかいうキリストの誕生の時は約2,000年前だからなんと2ミクロン。

さて、そう考えると私たちの人生なんて本当に短い。
この人類の歴史から観ても一瞬のようなもの。
でも、でもだ…

私たちのいるこの時空間はゆったり流れていて、
人生100年は結構長く感ずるのだ。
いろんなチャレンジはできるし、失敗してもまたチャレンジできるし…
すでに会社も起こし、いろんなビジネスを体験してきても
まだ、チャレンジさせてもらえるという。

人生100年はやっぱり結構長い。
その長さを意識して、「今、ここ」を大切にしないことには。
勇気ある60歳にとっては、青春の真っただなかなのだ。
はっはっはっ。
歳を重ねただけでは、人は老いない。
夢を失ったときはじめて老いる。
まさに、青春は若き精神のなかにあるのだ。

さすがサムエル・ウルマン。
いい詩を書いてくれている。
ところで…

やっぱりサムエル・ウルマンが70代で書いたという。
だからこそ書けるわけで…ある意味、我田引水!?
自画自賛!?
いや、自詩自賛!?


そんな石門心学・実践講座の詳細は…こちら!
http://bt.q-b.co.jp/wp-content/themes/qb/pdf/sekimon.pdf?v=1

mobile1126

人生100年はやっぱり結構長い

mobile2_1126

「今、ここ」を大切にしたい

mobile3_1126

青春は若き精神のなかにあるのだ

ページTOPへ
モバイルショット

11/19
2018

moba1

200回目の「一つ拾えば、一つだけきれいになる」

「この新宿の街頭清掃は今日で200回目を迎えました」
と終了のミーティングで司会役の人がいう。
そして、街からも貢献に対して表彰されたのだと。

ほ~ついに200回。
なんと16年以上は続いているということ。
100回目の時は記念のイベントの企画があり、
ステージでパネルディスカッションのお手伝いをした記憶が。
あれからも8年以上経ったということ。

夜型の私にとっては朝の5時50分集合はとにかくキツいが、
かなりの率で参加して来たと思う。
寝過ごして参加しなかったことは一度もなかったような…!?
朝方まで酒を飲んでいて寝ずに参加した記憶も。
(ふっふっ、意外に真面目なのだ|( ̄3 ̄)|)

ちょっと振り返ってみると…
前日のNBC定例会に鍵山相談役がスピーカーとして登場してくれた時、
NBCの池田会長(当時)はじめメンバーの何人かが早朝清掃に参加してくれていた。
それまでほとんど雨に合わなかった街頭清掃が、大雪に見舞われたこともあった。
海外からの視察団が参加されたことも何度か。
200回も繰り返して来たのだから、当然いろいろなことがあったのだが…

とにかく16年という年月で、新宿は綺麗になり、「掃除」は世界へと拡がっている。
そして、歌舞伎町の犯罪件数は減り間違いなく安心して歩ける街に近づいているのだ。
この「街頭清掃」の効果とは言い切れないが、なんらかの貢献はあったのは間違いないだろう。

改めて、鍵山秀三郎相談役の信念を込めた言葉
「一つ拾えば、一つだけきれいになる」がそのことを語ってくれている。

一つ拾っても一つしか綺麗にならないが、
一つでも拾ってみた人は無神経に捨てることはしなくなる。
そして拾った後を歩いた人は、そのゴミを観なくて済むことで、
心が荒むことなく落ち着かせることができる。
だから、こんな小さなことでも繰り返し、
そして年月が経てば大きな効果となってくるというのだ。

そして、50余年徹底した掃除と取り組んで来た鍵山相談役は
人生もこうした積み重ねからできているので
ゴミ一つといえども小さなことではないという。
まさに「掃除と継続のチカラ」はスゴい!

お陰様でこんな私でも少しは「継続のチカラ」を理解できるようになり、
この「ビジネスの達人」の発信は、もうすぐ800回を迎えようとしている。
なんと満16年ということだ。
文章力はともかく、コンテンツ力は少しは…

とにかく、「一つ拾えば、一つだけきれいになる」ということ。

moba1

新宿は綺麗になり、「掃除」は世界へと拡がっている

moba2

「掃除と継続のチカラ」はスゴい

moba3

200回。 なんと16年以上は続いている

ページTOPへ
モバイルショット

11/12
2018

mobamain

“鯛のなめろう”が選ばれる!

やっぱり、ここの名物っぽい20個餃子でしょ!
それ2皿と刺身の盛り合わせ2つ。
ここはなめろうが美味しいだろうから2つに…
茹でもやしは2つ?3つ?

「ウチのは量が多いから、まずはこのくらいで…」
店のお兄さんに笑顔でアドバイスされることに。

20個で500円だから餃子は何と1個25円(´・_・`)
茹でもやしは200円だし、
滅多に食べられない一尾の鯛のなめろうが何と600円。
“レストランのカレー”の見出しがついた
カレーライスが500円だと。

安価なことも手伝いあれこれ注文が止まらない。
そして、どれも十分美味しいのだ。
ここの店ならではのメニューもあり、繁盛店であることも理解できる。
お酒も何度かおかわりして、
それでも一人単価は何と2,000円とちょっと。
(´⊙ω⊙`) → (((o(*゚▽゚*)o)))

ここは千葉県のいすみ市。
こんなに安くて美味しく、
気持ちよく過ごせる店がこの地にあるとは!?

果たして、この満足度は何と何で演出されるのか?
まずは店の人の表情と対応。
他のお客様も含めた店の雰囲気。
出される料理の美味しさとその見せ方は大きいだろう。
そして何と言っても価格は大きな要素であることは間違いない。
もちろん、こちらサイドの来店の目的と顔ぶれも重要かもしれない。

実は私が気にかけていたのが、
厨房の人も含めた店の人たちの顔ぶれ。
お母さんと息子とだけでやっているのかと思いきや、
後で親父らしい顔も見えたのだ。
この人たちの顔ぶれと顔つきを見て頭に浮かんだフレーズが…
「地域の人たちに安く美味しく、たくさん食べてもらいたい」。
多分、コンセプトはこれに違いない。

このフレーズは北海道の「六花亭」の先代がよく口にしていた言葉。
だから地域の人たちから「六花亭さん」と呼ばれる繁盛店になったのだ。
そしてもう一軒“安くて美味しい”を代表するビジ達推薦のお店が、
400円そこそこで今も美味しいラーメンを食べさせてもらえる
早稲田の「メルシー」。
まさにコンセプトが「学生たちに気軽に美味しく、
たくさん食べてもらいたい」なのだ。
(私が勝手に創ったコンセプトだが…)

多分、これらのお店づくりのコンセプト、
すなわち“存在理由”がここにあるからこそ、
私たちの高い満足に繋がったということ。
仕事柄、日本全国あちこちを訪れるが
このコンセプトを持った店に出会えるのはとても嬉しい。

やっぱり時流は変わっても
「レーゾンデートル」が明確なお店は選ばれるのだ。
それにしても“鯛のなめろう”は新鮮で美味しかった。


mobamain

絶品のなめろう!

moba2

みんな満足そうだ

moba3

カレーもおいしかった

moba4

安くて美味しく、 気持ちよく過ごせる店

ページTOPへ
ページTOPへ