これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

10/16
2017

moba1
NEW

リーダーの哲理哲学って!?

人間だけが2つの胃袋を持っていて…
1つは身体を養う胃袋で、
もう1つが思いやりを育む“心の胃袋”ということ。

「わかりますよねぇ~」と上神田校長が言葉を続ける。

先日、第6回目のリーダーズセミナー
(アルファクラブ定例会も兼ね)として、
新宿調理師専門学校を訪れ、
視察と上神田校長の話を聴かせていただいた。

母親たちが忙しいからとワンコインを渡し、
コンビニ弁当のようなものばかり
子供たちに食べさせているから、
もう1つの“心の胃袋”がほとんど活用されずに
日々を送ることになっている。

だから、子供らは、人への思いやりが育めず、
いじめという行動となったり、電車での
席を譲るという行為ができなくなっていると
上神田校長は言うのだ。

和食の料理人として40年以上
第一線で活躍してきた上神田校長ならではの解釈であり、
発信のし方といっていいだろう。

経済性だけ、目先だけを追い、
この目に見えず数字にも置き換えられない価値に対して、
今どきの人たちは、その価値に気づかず生きているということを
語ってくれていたのだ。

ふむふむ。
私が度々、語ってきたことを
上神田流の表現で語ってくれたということ。

だから、今回私たちが視察させてもらった
新宿調理師専門学校が、いま素晴らしい学校として
注目されている理由もよ~く理解できた気分。

時代を見据え哲理哲学をもって取り組む
リーダーがいる学校や企業は、
目先の数字だけでは伝わらない社会貢献を
してくれているってこと。
こんな学校や会社を応援しなくちゃねぇ~。

とにかく、リーダー次第で会社も国も決まってくると考えると
この一票を大切にしないと。
(もうすぐ選挙だし…)
そのためにも、表向きやデータにごまかされない
こちら側の見抜く目を育まないことには、
選ぶチカラもつけられないということだ。

ちなみに、この上神田校長、先日の築地での
「トイレ掃除に学ぶ会」の全国大会でも
ヤリガイのあるトイレと真剣に格闘していたのだ。
やっぱりリーダーはここからやらないと、
哲理哲学は身につかないのかもしれない。

もちろん、私も素手でしっかりトイレ磨けますよ。
はっはっはっ…

moba1

上神田校長

moba2

moba3

moba4

moba11

_DSC2649

_DSC9957

先日の全国大会トイレ掃除

moba5

ページTOPへ
モバイルショット

10/10
2017

_DSC2247

振り返るには、まだ若い!

これぞ北海道十勝の“秋”のパッチワーク。
まさに自然のなせるこの鮮やかな緑と
茶の格子が美しい。
十勝晴れは、大地に息吹きを与え、
その大地の持つ力強さも感じさせてくれるのだ。

「果てしない大空と広い大地のその中で」
私たちはぶどうをつくりワイン醸造へと
スタートを切った。
だれかがやってくれると思っていては、
何も始まらないと・・・
「いつの日か幸せを自分の腕でつかむよう」
このプロジェクトには、まだまだたくさんの
困難が待ち受けているかもしれない・・・でも
「歩き出そう明日の日に」
「振り返るにはまだ若い」
(すばらしいフレーズ・・・松山千春先生)

あれ!?“振り返るにはまだ若い”・・・
ここはいくらなんでもちょっと違うかも。
松山千春さんもこれを創った頃は
若かったんだろうけど・・・

このMemuroワインヴァレー構想を進める幹部連も
なぜか70代、60代だし・・・
(それはともかく・・・)
というわけで、「大空と大地の中で」の歌詞を
活用させてもらったのだが、まさに大空と大地を
観ていると、勇気をもらい背中を押してもらえるのだ。

そして、私たちの生活のベースは、
AIやIoTが担ってくれるわけではなく、
この大空と大地と里山が担ってくれることを
忘れてはいけない。
AIやIoTが私たちに与えてくれるのは、
“効率と怠情と競争”でしかないということ。
(この目先の便利さとラクさにごまかされてはいけない)

この地球で生まれ育まれた私たちは、
この大空と大地を活かさずして、
私たちの未来はないということ。
この根元をわかっていないと、
とんでもないしっぺ返しが
待っているかもしれないのだ。

とにかく、「歩き出そう明日の日に」
もしかしたら、この60代に入った今も
“振り返るにはまだ若い”のかもしれない。

この大地を観ているだけで、
次なるステージへの情熱が沸々と湧いてくる。
松山千春さんと同じ1955年生まれだが。

大胆に潔くチャレンジすることが
人にとって一番のエネルギー源となるのかも知れないのだ。

さて、あれこれ諸問題はやってくるが、
“孫子の代に何を残せるか”をテーマに
次なるステージを目指そうっと!
振り返るには、まだ若いし・・・

_DSC2247

北海道十勝の“秋”のパッチワーク

_DSC0864

ページTOPへ
モバイルショット

10/02
2017

_DSC2044

キャベツが木になっていたら、桶屋が儲かる!?

でっか~~いキャベツ。
半分にしても冷蔵庫に入らない。
四分の一にしても冷蔵庫に入らないかも…??
(このキャベツは「&里山生活」でこの9月発送分で送られて来たもの)

自然の力はスゴい。
こんな大きく重いキャベツを数ヵ月で創ってしまうのだから。
もしこんなキャベツが土の上でなく、
木になっていたら大変だろうなぁ~。
(頭の中には“キャベツの木”が…)

木には大きなキャベツが10個も20個もなり、
ある重さになったら当然木は耐えられなくて
キャベツを地上に落とす。

するとその震動は大きく、木の下を
ちょろちょろ走り回っていたネズミがその震動で
大きくジャンプし、地面に落ち気絶する。

それを近くで見ていたネコは、らくらくネズミを
捕まえることができ、それからネコは家で
ネズミを捕まえるのをやめ“キャベツの木”の近くで
ネズミを待つことになった。

その話を耳にしたネコたちは、家でネズミを捕まえるのをやめ
みんな“キャベツの木”の近くで居眠りしながらネズミを待つことになった。

それからネコが家にいなくなり、家の中はネズミが我が物顔で走り回り、
あれこれ桶をかじり回る。
すると桶の需要が増えて、桶屋が儲かるということに。

あれっ!?桶屋が儲かる!
どっかで聞いたことのある話。
そう「風が吹けば桶屋が儲かる」という江戸時代の
“東海道中膝栗毛”に出てくる話だ。
まぁ~話はどちらもちょっと強引だが、
大きなキャベツが木になっている姿を
想像するだけでも面白い。

いやいや、そんな結論ではなく…
私たちの社会でもあることが
どんどんその先に進んでいくと
思ってもみない現象に行き着くことはよくある話。

たとえば、ここまで“スマホ”が生活の中で大活躍してくると
「風が吹けば桶屋が儲かる」的連想をしてみると
どんな事象に及ぶ可能性があるのか…

AIがどんどん進化していくと、
人との関係は当然深くなり、
AIはどんな存在になっていくのだろうか。
人とのやり取りよりAIとのやり取りがラクだからと、
AIとのやり取りしかしなくなってしまうかもしれない。
(え~そんなことでいいのだろうか!?)

とにかく、ビジネス的にも人間の存在理由からも
スマホの可能性とAIとの関係性については、
ここらで一度シミュレーションしといた方がいいと思うのだが…

_DSC2031

この大きさ伝わるかなぁ~

_DSC2044

本当に大きいんだよ!

ページTOPへ
モバイルショット

09/25
2017

moba1 (2)

奥田シェフ流、寿司バル登場!

うんうん、美味しい。
これがワサビとしょう油をつかわない寿司!?
奥田流のにぎり寿司ってこと。

しょう油をつかわないこともあり、
ネタの上には、オリーブオイルと塩がほどよく。
庄内産のワインを伴って、
思わず15貫ほど食べてしまった。
さすが、奥田シェフならではの発想。

確かに奥田流のイタリアンは、
その素材をどう活かすかがポイントだったのだが、
ついにその活かし方は食域のボーダーを超えて、
日本食の寿司の領域にまで拡げてきたということ。

まぁ、もともと奥田シェフには、食の領域は
なかったのかもしれない。

たまたまイタリアンから料理の世界に入っただけで、
そこにはすでにボーダーはなかったということだろう。
とにかく私たちがいただいたものは、
まぎれもなく日本食の寿司なのだ。

フッフッフッ。
今回、ここ鶴岡に来た理由も、
例の北海道十勝(芽室町)での
Memuroワインヴァレー構想の
レストランづくりのためもあってのこと。
(奥田シェフによるプロジュース、期待してます)

私たちのレストランにも奥田流の
寿司バルが展開されること間違いないだろう。
北海道の魚ネタもいいのがたくさんあるからねぇ。

それはともかく、少し前に発売された奥田シェフの
10,000円の料理本「食べもの時鑑(じかん)」も多くの注目を受け、
世界最大の料理本アワード「グルマン世界料理本大賞2017」でグランプリを受賞した。
私もしっかり購入し持っているが、
私が持っていても宝の持ち腐れと言ってもいいだろう。

この一冊は奥田流の料理哲学の集大成であり、
料理をするものにとって地域であり、季節であり、
そして食材を味方にしてお客様に喜ばれる魅惑的で
感動的な一皿をどう表現するかを学ばせてくれるという。

う~ん、やっぱりどの業界でも哲理哲学を
しっかり持って実践しているプロフェッショナルは
新しいチャレンジもするし、
多くの人が目を見張るようなこともしてくれる。

だから、イタリアンの奥田シェフが季節や素材を突き詰めて行ったら
日本食の寿司に至ったということだろう。
次はその食する場所の提案もあるかも知れない。

まだ40代(ギリギリ)の奥田シェフ、
食の業界だけに留まらず業界を超えた
チャレンジをしてくれるように思えてならないのだ。
今後も、チャレンジし続ける奥田シェフから目が離せない。

moba1 (2)

わさびと醤油ではなくオリーブオイルと塩でいただく

moba1

以前にもビジ達で紹介した”食べもの時鑑”

moba2

moba3

ページTOPへ
モバイルショット

09/19
2017

_DSC0869

“神の雫”への妄想

これが私たちの3年目のワインぶどう。
お陰さまでここまでたわわに実をつけてくれたのだ。
あとは、次なる工程を待つばかりって感じ!?

とにかく、いいワインぶどうができないことには、
美味しいワインにはならないからねぇ~。

今年こんなに実をつけてくれたのは、
「山幸」という十勝ワインオリジナルの品種。
あとは、ヨーロッパ品種のメルローやピノノワールが
順調に育ってくれれば、いつかはそのワインが
“神の雫(しずく)”と呼ばれるときが来るかも…
ふっふっふっ。

そう、“神の雫”と言えばワインをテーマにして
大ヒットした漫画だ。
テレビドラマにもなったし、ワインの本場フランスでも
「フランス人も知らなかった知識が出てくるマンガ」と
絶賛され、なんと2012年にはフランスの
農事功労賞シュヴァリエを受賞した。
(すばらしい)

そのワイン漫画の原作者(実は二人だが)は、
ソムリエでもなく醸造関係者でもないが、
とにかくワインが好きな二人だという。

元々ノンフィクション作家であり、
小説家、脚本も手掛けていたというから、
物語をつくるのはプロだったようだが…

それにしても、ここまで多くの人たちを
ワインの世界に引き込んでしまったのだから
すばらしい功績。

そして、この原作者の二人には、
物語を創る中での哲学があるという。

それは、ワインに対して“おいしくない”
“これはダメだ”などの表現は決して使わないという。
ワインは嗜好品だから自分が美味しくないと思っても
他の人はそう思わないこともある。
だから、必ずやいい部分であり、
その特徴を表現するのだという。

この価値観にこそ“神の雫”がここまで
注目される理由が存在するのかもしれない。

よし、ならば私たちが創ろうとしているワインをその先で
この二人にぜひコメントして欲しい。
3年経てば、まずの私たちオリジナルの
“土と太陽のブレンド”はでき上るわけで、
そのとき、ぜひ日本の山ぶどう系とヨーロッパ系品種による
マリアージュを神の雫流の表現でコメントして欲しいのだ。

もしかしたら、十勝で育まれた食材による
料理とのマリアージュの方がよりその奥行きを
引き出してくれるのかもしれない。
うんうん…

おっと、このぶどうの房を見ているだけで、
妄想はワインを通り越し、“神の雫”から
物語のキーワード“マリアージュ”まで拡大してしまった。
これぞ“神の雫”への妄想。

私たちのワインが“神の雫”でなく、
“紙に描いた雫”にならないようにその先に向かって
どんどんチャレンジしていかなければ!

_DSC0869

“神の雫”になる日まで

_DSC0850

たわわになったぶどう達

_DSC0884

ヨーロッパ系品種たちも頑張ってくれ

_DSC0790

妄想は膨らむばかり

_DSC0773

_DSC0789

_DSC0850

_DSC0789

ページTOPへ
ページTOPへ