これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

06/18
2018

_DSC9613
NEW

秋保おはぎ「さいち」のタテの経営

「帰省する娘と孫におはぎを食べさせたい」
こんな年配の女性客の相談から
おはぎづくりは始まった。

今や秋保(あきう)おはぎは平日で5,000個、
お彼岸には20,000個売れるという。
1個105円だから、1日で525,000円!
×30日×12か月で1億8900万円の売上げ。
あくまでおはぎだけの売り上げでだ。

これに人気のお惣菜の売り上げが2億円超。
すなわち、おはぎも並ぶお惣菜の通路だけで
年4億円を稼いでいるのだ。
(お店の年商は7億円となる)

スゴ~~~。
セブンイレブンの日販の平均がついに70万円になったというから、
年間で約2億5,500万円。
店の大きさ的にコンビニに近いスーパー“さいち”が
いかにスゴい集客力を持っているか伝わっただろうか。

とにかく手間のかかるおはぎも含めた家庭料理に注力し、
仙台の中心から30分はかかるほどの温泉地でありながら、
これだけの実績をつくりあげたのだ。
だから“さいち”の佐藤啓二社長は83歳で
おはぎと同じくらい…いやおはぎ以上に輝いて見える。
(これって褒めてない!?)

そしてこのお総菜コーナーの立役者である
佐藤澄子専務(奥様)のレパートリーは、
なんと500種類を超えているという。

この徹底したお惣菜づくりの追求心がスゴイのだ。

その昔、お客さまのちょっとしたクレームから、
300種類はあったというレシピマニュアルを
捨ててしまったという。
(まぁ~通常は捨てはしないと思うけど…)
そのこともあって、
調理スタッフの誰もが、味に対する責任を持ち、
より美味しい惣菜づくりが可能になったようだ。

いろいろな葛藤があって、そして潔い決断。
それを徹底したその先にこそ、
他の人たちがたどり着けない
ステージがあるということなのだろう。

私が“さいち”を最初に取材させてもらってから約15年。
その姿勢と情熱はいまだに変わっていない。
まさに他のスーパーやお惣菜屋さんを気にせず
とにかく“さいち”のあり方を
追求する姿勢であり展開なのだ。

まさに「タテの発想」であり、「タテの経営」がここにある。

_DSC9613

“さいち”の佐藤啓二社長は83歳!

_DSC9589

平日で5,000個売れるおはぎ

_DSC9622

「タテの発想」、「タテの経営」がここにある!

ページTOPへ
モバイルショット

06/11
2018

mobilemain★

300人が固唾をのんだ瞬間

「今日は、こんなにも大勢
集まっていただきありがとうございます。
北海道の母にも来てもらいたかったのですが 、
残念なことにどうしても…母も来たかったと…」

(親方は言葉をつまらせてしまい、
暫くの間は言葉も出ない状態に)
このシーンは「角界入門四十年・理事就任を祝う会」
での芝田山親方御礼の挨拶でのこと。
親方の苦労をかけた“母への思い”が
集約されていたシーンだったのだ。

このイベントに参加してくれた方々は全国から 300 人超。
親方の予想をはるかに超えた参加率だったということもあり、
2 会場を使ってのイベントとなった。
それだけ多くの関係者がこの祝う会に参加してくれたことも、
“母への思い”につながったに違いない。

私も芝田山親方とは同郷のよしみで、
いろいろとお世話になっていたこともあり
参加させていただいたのだが…
この瞬間が一番の感動のとき。
(仕事柄、カメラを構えてしまうわけだが…)

参加者の 300人超の方々が、
親方に集中し一斉に固唾をのんだ瞬間と言っていいだろう。
そして誰もが親方の“母への思い”に感動していた。
この日の祝いイベントは、漫談あり、落語あり、歌あり、バイオリンあり、
そしてブラジルサンバありと…とにかく出し物が目白押し。
それでも集まった方々の一番の感動は
この親方の“母への思い”だったに違いない。

どんなに大きな横綱大乃国になっても、
自分の子として母親が常に
心配してくれていたことを知っていたのだ。
(芝田山親方の情が見えた瞬間だったような…)

この挨拶の後半で親方は、今更の一言。
「本当は相撲取りになりたくなかったんですが…」と。

再び会場の300人がどよめいた!

mobilemain★

全員が一斉に固唾をのんだ

mobile2★

「角界入門四十年・理事就任を祝う会」での出来事

mobile★

誰もが親方の“母への思い”に感動していた

ページTOPへ
モバイルショット

06/04
2018

IMG_4364

美食の街“サン・セバスチャン”の所以

このマリネ風のも食べてみたいし、
あの生ハムの乗っているやつも食べてみたい。
いや、こんなに食べれないかもしれない。
(これが美食の街のバルってこと)

人気の天才的シェフは自分のレシピや手法を
同業界の人に教えることなどないのが当たり前。

お客さまを独占したいし、
競合他社とも差をつけておきたいだろうし…それが普通。
ところが、サン・セバスチャンの
若いシェフたちは違ったのだ。
どんどん新しい料理を試行錯誤しながら追求し、
教え合ってもいた。

そう、常にオープンマインドの姿勢で
料理と対峙していたということ。
サン・セバスチャンの料理人たちは、切磋琢磨することで、
どんどん腕を上げ、
地球規模での口コミをつくり出すことになった。

だから繁盛店バルがずらりと並んでいて、
そのお客さまは店の外にまであふれているのだ。
そして、これだけ色鮮やかにピンチョスが並んでいたら、
そりゃどれも食べたくなるのが当然。
ついついピンチョスを2皿3皿と手に取り、
チャコリ(バスク地方の白ワイン)も思わず
おかわりしてしまうわけだ。

もちろん、このオープンマインドの姿勢だけが、
サン・セバスチャンを“美食の街”へとしたわけではなく、
この地が山あり、川あり、海ありの食材の宝庫であることも
重要なファクターと言える。

そして、1970年代にフランスで起きた
「ヌーベル・キュイジーヌ」が、
ここスペインのバスク地方にも大きな影響を与えたという。
(いや~美食の街“サン・セバスチャン”の所以を
語るには行数が足りない)

とにかく、飲食業と一次産業の連携であり、
料理人たちのパッションが美食の街
“世界のサン・セバスチャン”を演出したということ。

インターネットの世界でも、“オープンソース化”が
さまざまなソフト開発のスピードを早めたのは
間違いないわけで、私はこのサン・セバスチャンの
若い料理人たちの“オープンソース化”こそが立役者だと…

そういえば、サン・セバスチャンの
タパスでありピンチョスにはフレンチの影響もあり、
ほとんどの小皿にオープンソース(?)がかかっていたような…
(はははは…)

“美食の街の所以”の続きは、次週のビジ達で!

IMG_4364

Mr.セイージもご満悦

IMG_4349

どれもおいしそうだ!

_DSC8971

お店は大繁盛

IMG_4374 (002)

是非また味わいたいものだ

ページTOPへ
モバイルショット

05/28
2018

mobamain

大棟耕介のディファクト・スタンダード

“クラウン(道化師)”を仕事にしてやっていきたい。
ホスピタル・クラウンとして、
長期入院の子どもたちに笑顔を届けたい。
大棟耕介氏はとにかくチャレンジャー。

「よいと思ったことや、このことは間違っていないと確信したことは、
自分が率先して始めるべきです。
ディファクト・スタンダード(事実上の標準)という言葉があります。
自分が率先して正しい規範を作り、それを示し行えば、
真っ先に規範を作り示した人が一番強いという意味です。」

これは鍵山秀三郎相談役の「1日1話」からの引用なのだが、
相談役自信がカー用品会社を創業したときも、
徹底した掃除を始めたときも、
自分を信じて規範づくりを実践してきたということ。

「クラウンK」こと大棟耕介氏も大手鉄道会社を退職し、
仕事として成立するかどうかわからない
クラウンを仕事としてスタートした。
そして、クラウンを養成し、様々なイベントに派遣することで
事業展開していこうと…

あるとき、クラウンドクターのパッチ・アダムスに出会い、
ホスピタル・クラウンの存在を知り、
日本でも子ども達が入院する病院訪問を始めることに。
今では、日本ホスピタル協会を立ち上げ、
全国100近くの病院を定期的に訪問しているという。

そして、東日本大震災以降、被災地でもサーカス用のテントを張り、
ボランティアとして定期的に訪問しクラウン活動を活かして
活躍しているのだ。

先日、大棟氏が立ち上げた会社「プレジャー企画」が
ついに20周年を迎えた。
(私も名古屋の名鉄ホテルに駆けつけたわけだが…)
行く先の見えない状態でスタートしたクラウンの会社が、
ボランティアも多くやりながらも20年間継続してこれたのだ。
(すばらしい!)

この記念イベントに参加した多くの経営者たちが、
口をそろえて「こんな会社こそ、協力、応援するべきだ」と。
まさに、その通り!
社会に、そして多くの人に、かけがえのない役割を
担ってくれる会社が継続できなくては、
その先の未来に期待はできない。

このところ私は、“Fine Choiceの実践”が大切と
度々語っているわけだが、
まさに、私たちがどの会社に依頼するか、
どの店から買うかを“Fine Choice”しようということなのだ。
日本初のチャレンジをくり返し、
クラウン事業をここまで継続してきた大棟耕介氏率いる
プレジャー企画を、みんなで応援しよう。

大棟氏がつくりあげてきたディファクト・スタンダードを
より確かなスタンダードに!

イベントには、クラウンを呼ぼう、似顔絵師を呼ぼう。
そのイベントが笑顔でいっぱいになること間違い無し。
そして、ホスピタル・クラウン協会も応援しよう。

詳しくは…こちら!
http://www.hospital-clown.jp/

mobamain

祝「プレジャー企画」20周年!

IMG_4047

大棟氏はとにかくチャレンジャー

ビジ達画像_テンプレート

大棟氏と記念写真!

IMG_4124

イベントにはクラウンを、似顔絵師を呼ぼう!

ページTOPへ
モバイルショット

05/21
2018

mobamain

里山ココ・ファームからの恵み

「こんなはずじゃなかったんだけどねぇ~」
これは、初めて川田昇園長(故)とお会いしたときの第一声。
2009年の春だったような…
私は思わず「えっ!? それってどういうことですか?」と
聞くしかなかったのだ。

久々に訪れた足利の三角山は、
新緑の風を受けワクワクしていた。
そして入口に掲げられていたパネルには、
今年で葡萄畑開墾60周年と。

川田園長たちが私財を投じて足利の山林を買い、
障害を持つ彼らと開墾することになって
もう60年が経ったという。

残念ながら川田園長はもういないが、
立派な三角山とワイナリーがここにしっかりと存在する。

私がココ・ファーム・ワイナリーを知ったのは、
1999年に出版された「山の学園はワイナリー」
という本に出会ったからだ。
そして、ついに川田園長に会えることになり、
お会いしたときの第一声が冒頭の
「こんなはずじゃ…」だったのだ。

1958年、川田さん37歳。
学園の生徒たちは中学生だったわけだから15歳前後。
この子たちの働き場所をつくらないことには、
自立はありえないと考えた。
そこでいろいろと動き回り、
足利のこの急斜面の三角山に辿り着いたということ。

すなわち、36人の子どもらの自立のために
山林を買い、開墾し、葡萄など果樹栽培をしようと考えたのだ。

そこから約50年経った頃、
川田園長は80代も後半に入り子ども達も70代に。

川田園長は、この子らを自立させ、
そして彼らの最後を看取ってやろうと思っていたという。
ところが、子どもらは三角山での自然相手の日常により、
自信に満ちた健康で誠実な農夫に変わって行った。

だから90歳に近くなった川田園長は、
70歳を超える年齢になっても健康で逞しい彼らの姿を見て
「こんなはずじゃなかったんだけどねぇ~」
という言葉になったのだ。

川田園長からすれば、嬉しい誤算だったということ。
この誤算も、目の前の里山とのやり取りを大切にしながら、
子どもたちと必死に生きてきたからこその
“自然からの恵み”なのかもしれない。

そして、ココ・ファーム・ワイナリーでつくられるワインも、
自然の恵みを十二分に引き出し、多くの人たちに愛される
美味しさを発信し続けているのだろう。

ココ・ファームのシャルドネ主体の辛口ワイン
「風のエチュード」は、JALの国際線の
ファーストクラスラウンジで利用されているという。
(本当に美味しいんだよねぇ~)
とにかく里山と仲よくすることは、
いろいろな恵みを私たちに与えてくれることにつながるのだ。

mobamain

久々に訪れた足利の三角山

ビジ達画像_0521

今年で葡萄畑開墾60周年

IMG_3530

里山と仲よくすることは、恵みを与えてくれる

IMG_3531

残念ながら川田園長はもういないが…

ページTOPへ
ページTOPへ