これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

10/26
2020

moba1
NEW

カーリングの聖地と“温新知故”

ここがカーリングの聖地・北見市常呂町(ところちょう)の
常呂カーリングホール。
ここから世界に羽ばたいたロコソラーレは、
「そだね~、そだね~」と声を掛け合い、
平昌オリンピックで銅メダルまで獲得してしまった。

“そだね~”は2018年の流行語対象にも選ばれ、
日本中に笑顔と勇気を届けてくれたわけだ。

あの笑顔をたやさないチームのどこに、
勝負にこだわる闘志がみなぎっていたのか!?

今回はメダル獲得の裏側にあったチームの葛藤について
ロコソラーレの代表であり、メダル獲得の立役者でもある
本橋麻里さんこと“マリリン”にその真意を聞きに…

という訳ではなく、カーリング体験と称して
ただみんなでマリリンに会いに来たわけだが…(ははは)
だからオジサンたちは、ご覧のようにただ鼻の下を伸ばして
マリリンを囲んで記念写真をパチリ。

この写真の後にカーリング体験となったわけだが、
これが結構難しく、それでいて面白いのだ。

オジサンたちは次第に本気になってくるのだが
それでも上手くいかないところがいい。

普段、偉そうにしている経営者がたちが
シューズを履きスティックを持ち、カーリングレーンに立ったとき、
あの20キログラムのストーンに惑わされ
振り回されている体験が大切なのだ。

この思うようにならない体験から、
デジタル化の推進含め、得意な世代に任せることの大切さを
学んでくれるといいのだが。

ミレニアル世代のマリリンの活躍も含め、
今こそ“温故知新”ではなく「温新知故」。

分かりやすく言うと、
新しきを訪ね、“自分の時代遅れ”を知れるといいんだけど…

moba1

カーリングの聖地・北見市常呂町

moba2

本橋麻里さんこと“マリリン”にお話を伺った

ページTOPへ
モバイルショット

10/19
2020

moba2

今日のあなたは、グリーンorピンク?

→一人でゆっくり見たい?(グリーン)
→相談したい?(ピンク)
どちらの接客をお望みですか!

店頭のリストバンドをつけることで、
無言の接客コミュニケーションが取れる。

うんうん、コレいいねぇ。
気持ちよく買い物ができそうだと反応は上々。

ここは新宿駅前のスキンケアとバスボムの“LUSH”。
(ここの接客は通常、結構しっかりしてくる方だと聞く)

このコロナ禍によりお客様の買い物の仕方が変わるとか、
以前からも商品をゆっくり見たいときも…という声もあり
今回のサービスを9月半ばからトライアルで始めたという。

私たちがこれら物販のお店に入る理由は沢山ある。
特にこのLUSH新宿店は駅前にあるわけだから…

時間つぶしの時もある。
程よい手土産を探している時も。
すでに目的のものが決まっていてその在り処を
早く知りたいときもあるだろう。

私にはないことだが…
一緒のおネエさんに強請られて仕方なく入る人もいるだろう。
(この場合は別の色のリストバンドが欲しいが…)

確かにコロナ禍においての接客は
互いにリスクを高める可能性もあるわけで
リストバンドに限らず、このような接客対応は
もっといろいろと考えられるかもしれない。

とにかく、このコロナ禍が継続することにより、
リアル店ではお客様にもスタッフにも安心で
その目的に合った対応が求められているわけだ。

もしかしたらこの環境は元に戻ることはなく、
このスタンスであり価値観はこれかの“当たり前”
となる可能性も高いのだ。

これまでの“face to face”という接客の常識が大きく変わるとき。
すなわち、接客ビジネスの“トランスフォーメーション”の
ときなのかもしれない。

となると、もう少し先には…
これらリアル店にはAI接客ロボットの登場となるのだろう!?
リストバンドしなくてもこちらの目的を察知して、
いろいろと対応してくれるわけだ。
(いいねえ~)

なら、ロボットといえども、笑顔で迎えてくれて、
可愛いタイプの優しいロボットがいいかな…
(ユメは都合よく拡がっていく!)

moba1

新宿駅前のスキンケアとバスボムの“LUSH”

moba2

どちらの接客をお望みですか!

ページTOPへ
モバイルショット

10/12
2020

moba1

あえて遠回りが、“重盛の人形焼”

思いもよらない街で…
着物の女性から声をかけられたりすることはまずないが、
思いもかけないところで老舗に出会ったりはするもの。

東京シティ日本橋ロータリークラブでの卓話を終え
雨ではあったが、あえて水天宮駅ではなく
人形町駅に向け足を進めていたのだ。

すると赤信号で止まった交差点の向かいには
「重盛の人形焼」という老舗らしい白縁取りの大きな文字。
(私は人形焼に注力したこともなく、店名も知らないわけだが…)

なぜか浅草の人形焼とは違う、日本橋人形町ならではの
老舗の香りがしたわけだ。
(人形焼きの香りではなく、お店の雰囲気ってこと)

一度は通り過ぎようとしたわけだが
なぜか傘をたたみ軒先テント内へ。
(お~やっぱり、老舗ならではの品揃えと価格帯)

よく観る七福神の人形焼に、白あんの登り鮎。
手土産でいただいたり、
お茶菓子として出してもらったりはあったわけだ。

思わず七福神6個入りを買い、次の訪問先の手土産に。
そして先輩方に食べてもらうと…

「ここの人形焼はやっぱり本物よね。
皮は薄くて餡はぷくぷくに入っているの。
よくこれを食べたくて“重盛”には通ったものよ」

“重盛の人形焼”はすでに100年を越しているという。
暖簾分けのお店はいくつかあるが、
デパートなどにはあえて出店しないという。

この人形焼の老舗「重盛永信堂」の支店を出さない経営も、
効率を追わず“存在理由”を大切にしているから
なのかもしれない。

今回のテーマは“あえて遠回り”ということ。
効率を追い続けることばかりが、経営なのではない。

今回のように“あえて遠回り”の選択が何かをもたらしてくれる。
効率だけではなく、ちょっとした非効率の選択が
新しい出会いをつくってくれたり、気づきをくれたりするのだ。

これからの時代のビジネスこそ、
あえて非効率の選択をすることも、経営者の決断だ!

moba1

重盛の人形焼

moba2

七福神6個入りを買い、次の訪問先の手土産に…

ページTOPへ
モバイルショット

10/05
2020

moba

これが“トイレ掃除マジック”!?

鍵山相談役曰く。
『ホウキの持ち方、使い方、動かし方をみただけで、
その人の平素の仕事ぶりがわかるような気がします。
同じ道具を使って掃除をしているにもかかわらず、
その違いは千差万別。

その人の思いの深さ、純粋さ、ひたむきさ等、
それぞれの違いが動作に表れてきます。
そしてその累積が、
その人の一生を決めていくのではないかと思います』

えっ、その累積が、その人の一生に!?

このことを伝えず今回の掃除は始まったわけだが、
みなさん真剣に、そしてひたむきにトイレと対峙していた。
トイレ掃除は磨けば磨くほど
いつの間にか人の心をも引き込んでしまうわけだ。

このみんなの集中力はいつ見ても素晴らしい。
“トイレ掃除マジック”と言ってもいいほどの引力がそこにある。

これを機に、少し道具を揃えて自宅でも会社でもいいから
掃除と取り組んで欲しい。
だってその累積が、その人の一生をカタチづくっていくわけだから。

そして鍵山相談役はこんなことも語っている。

『掃除を始めたからといって、
すぐ儲かるというようなことはありません。
ただ、掃除をして環境をきれいにしますと
場の雰囲気が穏やかになります。

穏やかな環境は、心の荒みをなくし怒りを抑える効果があります。
特に、逆境のときは身の回りをきれいにしておくことによって、
救われるような気持になるものです。
掃除の大きな効用です』

ほらほら、掃除と取り組みたくなったでしょう。
掃除をする途上の効果と、それにより綺麗になったことによる効果と
ダブルで恩恵があるということ。

というわけで私が掃除と取り組んでいるわけではないが
掃除を続けることが私の心を穏やかにしてくれて
謙虚な姿勢をも教えてくれる。

ひいては、自分を取り巻く環境での役割も見えてくるわけだ。

これこそが“トイレ掃除マジック”なのかもしれない!?

ほらほら、ここまで来ると
掃除と取り組まない選択肢はないでしょう。

moba

トイレ掃除の道具たち

moba2

今回も皆さん真剣だ

moba3

掃除と取り組まない選択肢はない!

ページTOPへ
モバイルショット

09/28
2020

moba1

“おもてなし”のシースルートイレ

いくら度胸があり、自慢の○○を持っている人でも
さすがにこのシースルーのトイレには入り難いはず。
この自分時間だけは、誰にも注目されず集中したいわけだ。

というわけでこのトイレ、中に入り鍵を掛けると不透明になる。
(素晴らしい発想‼︎)
これで安心して用を足せるわけだが…

公共のトイレを使うとき、2つの心配があるという。
1つは綺麗かどうか、もう1つは誰かが隠れていないかどうか。
ご覧のように普段シースルーであることで、
この2つはクリアされるわけだ。

一番怖いのは夜なわけで
“夜になったら暗くて見えなくなるんじゃ!?”
という声がありそうなので紹介するが、
夜はトイレの中がライトで照らされて、より綺麗に浮かび上がるという。
(ライトアップされるというのも、ちょっと恥ずかしい気がするけど…)

このシースルートイレ、代々木公園近くの“代々木深町小公園”と
その隣の“はるのおがわコミュニティパーク”にある。
(私は現地に行き、人がトイレに入って不透明になるのを
一通り見届けたわけだが…怪しい人だったかも)

“何でここにこんなユニークなトイレを造ったの!?”って。

日本は「おもてなし」文化を謳っている割には、
多くの公共トイレが暗い、汚い、臭い、怖いといったことから
利用者が限られている。

だったらこれまでの公共のトイレイメージを払拭し、
「おもてなし」に相応しい日本のトイレを創らなきゃということで
日本財団と渋谷区が連携して区内に17カ所設置予定だという。

安藤忠雄、伊東豊雄、隈研吾、槇文彦など海外でも活躍する
16人のクリエイターが参画して進んでいる。
(素晴らしい!)

そして公共のトイレで重要なのは、その後の清掃も含めた維持管理。
造ったときはピカピカでいいのだが、
その後も同じ状態を維持できるかどうかである。
このポイントも十分意識してこのプロジェクトは進んでいるというが…

さて、私も「日本を美しくする会(トイレ掃除に学ぶ会)」の関係者として
この点を大切にしたいのだ。
常に綺麗で清潔な状態を維持できるかどうかである。

“徹底したトイレ掃除”を体験した人は、
次の人のことを考えてトイレを使うようになるという。
ということは、日本人の誰もがまずは徹底した“トイレ掃除”を
体験してみることが、維持管理の早道なのかも知れない。

あーそういえば、今週12人で靖國神社のトイレをお借りして
“徹底したトイレ掃除”を体験する予定だった。

トイレ掃除をやって気づいたことの一つに
“手”は“目”以上に勇気があるということ。
この意味、分かるかなぁ!?

moba1

シースルーだが…

moba2

人が入ると不透明に!

ページTOPへ
ページTOPへ