これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

02/18
2019

mobamain
NEW

おっさんの言うことはすべて聞かなくていい!

先日、40代の経営者が若い経営者達のオフ会に偶然遭遇し
こんな話を聞いてきたと…

実は50代60代の先輩の経営者方とは
“敢えて話をしないようにしている”と言ったという。

な、なんて事を言うのだ。
なぜか悔しい気持ちも込み上げてくるのだが…

でもその一方で、わかる気持ちも。

そうなんだなぁ、私たち50代60代の経営者達の経験は
今のビジネスシーンに活かせないものがかなり多い。
ビジネスモデルはもちろん、組織づくりも
マーケッティングも、コミュニケーションの仕方すらも…
これからの時代にはその多くが通用しないと言っていいだろう。

さて、ここで今手にしてる『死ぬこと以外かすり傷』という
幻冬社編集者の箕輪厚介氏の本。
出版してまだ半年経っていないのにすでに第12刷発行。

えっ、幻冬社の編集者なのにマガジンハウスからの出版!
そんなことってあり⁈
いやいや、出版者のイチ編集者が本を出すこと自体稀有なのだが…

いや、そこではなく…
この箕輪厚介氏は33歳のまさにミレニアル世代であり、
先ほどのオフ会の若い経営者世代と同じ世代。

そしてこんなことをその本のプロローグで語っているのだ。

「今、若者はチャンスだ。
これまでのルールとシステムが通用しなくなっている。
古い世代にはわけの分からない変化が今まさに起こり始めている。
ワクワクする未来が迫っている。
この波に乗ろう。
自分たちの手で、世界の輪郭に触れ、自由で新しい秩序を作り直そう。
おっさんの言うことはすべて聞かなくていい。
そのかわり誰よりも動け!……」

いかがだろうか?
「おっさんの言うことはすべて聞かなくていい」だって!
“すべて”が入っているのは痛いが、
私は実は、悔しいがそんな気もするのだ。

先日も“チームラボ プラネッツ”を観てかなりショックを受けたばかり。
新しい時代の流れを察知したということ。
あの「teamLAB」の猪子寿之社長も40そこそこ。
とにかく無類の少年ジャンプファンだという。

まさにこれまでとは違う新しい流れが地球規模でやってきているのだ。
ここはもう、次の時代を担う若いリーダー達に任そうではないか!

はっはっはっ、“すべて”は任さないけどね(^ω^)

mobamain

幻冬社編集者の箕輪厚介氏の本

moba1

“チームラボ プラネッツ”は衝撃的だった

moba2

新しい流れが地球規模でやってきている

ページTOPへ
モバイルショット

02/12
2019

IMG_4169
NEW

144回目のビジ達流「Innovate or Die !」

やっぱりシェアリングエコノミーですよ。
自分の空いてる時間をちょっとしたお仕事に有効活用して、
そしてセブンイレブンへ行けばそのお金を引き出せる。
これって社会性もあるし、いいですよねぇ~。

これはエントリーの寺本社長のお話し。

今回が144回目のアルファクラブ定例セミナー。
(ふっふっふっ、いつのまにか144回…)
お陰様で素晴らしいゲストが登壇してくれ、
沢山の人達が視聴してくれました!
(ありがとうございますm(._.)m)

メインのゲスト講師は株式会社エントリーの寺本社長。
誰もがその話に“これからのビジネス観”を感じたという。

約60万人が登録する短期派遣中心のプラットフォームを
創り上げたのもスゴいが、
既存のセブン銀行のプラットフォームを取り込んだ
ビジネスモデルがまた素晴らしい。

私がこのところ語っている
「プラットフォーム Biz デザイン」の典型的ビジネスなのだ。

そして最後に登壇したゼンシンの前田社長。
社会性あるビジネスモデルにみんな感動してたのだ。
(お二人ともいいお話でした( ◠‿◠ )

私の話の中心は「商流革新」であり「プラットフォーム Biz デザイン」。
そしてもうすぐやって来る「5Gの波」の話。
ほらほら、聴きたかったでしょう。
今こそ変革の時だってことなんだけど…

分かり易く言えばピーター・ドラッカーが言っていた
「Innovate or Die」。
えっ、分かり難いって!?
じゃ「Change or Die」は?

イノベーションを起こさないこと、それは死を意味するってこと。
チャレンジしないこと、それも死を意味するわけだ。
いつの時代もイノベーションは重要だとドラッカーは言っていたわけだけど、
この商流革新の時代は「やらないこと=Die」だってこと。

日本贔屓だったドラッカーに変わって私が
セミナーやwebでの発信では
常に「Innovate or Die」を連呼することにしよっと!

Innovate or Die!
Change or Die!
私ももちろんInnovate!

IMG_4169

いつのまにか144回…

moba2

商流革新の時代は「やらないこと=Die」

ページTOPへ
モバイルショット

02/04
2019

mobilemain

5Gって、スゴ!

そう、平野ノラが肩に掛けてる電話器の頃。
そう言えば1990年頃青年会議所の仲間が
重そうに肩から受話器を掛けていた記憶が…
重量3キロだって!

あれが1G。
じゃ、通信の始まりにピーヒャラララララ〜と鳴ってから
稼動し始めたのは2G⁈
ネット通信やメールの接続が可能になった2Gは
1993年からだというからもう四半世紀前。
モバイル端末専用サイトが流行したという。

そして3Gは、国ごと地域ごとにバラバラだった通信方式を
国際規格化した時だ。
通話品質も向上、データ通信の高速化が進み、
動画やPCサイトの閲覧がストレスなくできるようになったという。
(いや、ストレスはあったと思うが…)

そして今の4Gとなり、
もっと大容量で高速化になって行くわけだ。
サブスプリクションサービスや
動画閲覧サービスもどんどん出てくることに。
例のAmazonやGoogleが台頭してくるわけだが…
本当に社会システムでありビジネスも
それらにより大きく変わろうとしているのだ。

そしてそして、5G到来となるわけだ。
本格化は2020年と言われているが、何がどう変わるのか?

「5Gといっても、結局通信速度が速くなるだけでしょ⁈」
という人もいるわけだが、
この5Gによって様々な改革が起きると言っていいだろう。

(さてと…)
1平方キロメートルあたり100万以上の同時接続が可能となるわけで、
テレビ、照明などの家電製品はスマホから全て操作が可能に。
すなわち、本格的Iot化が前進するわけだ。
数万人集まるスポーツ観戦の場にいても、遅延が発生することはない。
えっ「なんだその程度かぁ」って?

(はっはっはっはっ…)
4K/8Kの映像でも2秒かからずダウンロードできるというし、
スムーズな通信会議がどこにいてもできるから、
リモートワークがもっともっと進み、
田舎に住みながら都心の企業で働くことができるのだ。
遠方の取引先へのプレゼンや商談も毎回現地に行かなくともできてしまう。

(もっともっと…)
5Gにより自動運転システムや高度な映像・音声通信技術が進めば、
機材の無人・遠隔操作が可能となり、
教育や医療にも様々な角度で活用できるという。
すなわち少子高齢化や労働力不足にも対応できるようになる。
“ロボトラ”的対応により農業従事者不足にも対応できるし…

(ほらほら、少しはわかってくれた⁈)
5Gにより様々な業界で様々なビジネスが革新されるということ。
5Gを“通信速度が速くなるだけでしょう”なんてのんきなことを言っていては
取り残されること間違いなし。

この大きなビジネス革新であり、ビジネスチャンスに
どう関わるかはあなた次第なのだ。

私はまずは、動画2.0を意識して“ドローン動画”から…

mobilemain

まずは“ドローン動画”から

mobile02

使いこなしていきたい!

ページTOPへ
モバイルショット

01/28
2019

mobamin

注目は、エストニアとオウル市⁈

えっ、エストニア全域がWi-Fi?
公共交通機関が全て無料⁈
「IT先進国」「ブロックチェーン大国」のエストニアだって⁈

ほ、本当?
エストニアってあのバルト三国の1つだよねぇ。
おっと、大相撲力士にエストニア出身の“把瑠都”ってのがいたねぇ〜。
エストニアは人口が少ないとはいえ、“電子政府”を実践してる国だという。
いつの間に…

フィンランドといえばヘルシンキを思い出すが…
今や「オウル(OULU)」という街が世界的にも注目されているという。
最先端の教育都市でありハイテク産業都市でもあり、
“5G革命”の先端を走っているのがオウルだというのだ。

お〜世界は動いている。

アメリカのプラットフォーマーと言われる企業が台頭し
地球規模で活躍してることに注目してたわけだが、
この地球経済圏時代は、
それらに対抗せんと、次なるハイテク発想と技術を持って
いろいろな都市が企業がどんどん台頭してくる。

この秋の日本の5G展開にもオウルの
ノウハウであり技術がたくさん活かされるという。
オウルに拠点を構えるハイテク系スタートアップは数百社。
その多くがノキアの流れを汲んだ無線工学関連。
ノキアの崩壊は、次なるイノベーションに繋がっているという。

調べれば調べるほど、北欧は面白く期待いっぱい。

2019年の海外研修ツアーを考えていると
その照準はいつのまにか北欧に。
そして、これらの地域に行き着いたということ。

昨年のスペイン“サンセバスチャン”もいい選択だと思ったが…
今回も地球規模でビジネスの先端を覗くのなら
フィンランドとエストニアでしょう。

そして、実際に訪れることでの気づきと出会いが
もっと私達にビューンな刺激と次なる発想を与えてくれるはず!

2019年のツアー予定日は、6月6日~12日。
お楽しみに!

あれっ⁈
いつのまにかツアーのPR告知になっちゃった⁈

mobamin

2019年のツアー予定日は、6月6日~!

ページTOPへ
モバイルショット

01/21
2019

mobamain

気がつけば「8×8」の64歳?

64といえば、「8×8」すなわち葉っぱである。
これじゃちょいと寂しい。
末広がりの“八”が二つと考えると少しは未来が開けてくるのだが…

2019年の6月予定の海外研修ツアー。
行く先はこれから注目のフィンランドを中心の北欧と決めているのに
具体的情報は少ないし、頼る知人もほとんどいない状態。
そして旅行会社も決まっていない。

さてどしたものかと考えていたわけだが…

たまたま、アポが一件しかない日が64歳誕生日の前日だった。
だったら、このアキ時間を
この研修ツアーのために集約してみようと考えたわけだ。

ここからの発想と行動力が我ながらスゴい!
(いつもの自画自賛ε-(´∀`; )

まずはここはやっぱりフィンランド大使館でしょうと、
メールではなく躊躇なく電話。
電話に出た方に日本語でしっかり研修ツアーの目的と
希望する訪問先等を投げかけたのだ。

すると、フィンランド政府観光局の窓口的事務所を紹介してくれて
早速、電話してやり取りすると…
訪問対象企業の政府資料もあるし、
北欧専門の旅行会社まで紹介してくれたのだ。

さてここで、中島流畳み掛けアクション!
担当者は資料を送付しましょうかと言っていたが、
すぐ事務所を訪問することを告げ、向かうことに。
そして紹介してもらった旅行会社の午後のアポも!

大使館に電話してから60分後には、
フィンランドの政府観光局の訪問先資料ももらい、
事務所の担当の方からの詳しい現地情報までも得れたのだ。

午後3時には北欧専門のトラベル会社の担当者と
訪問先やホテル、移動手段など詳しいやり取りができ、
絞り込まれたツアー提案をしてもらうまでに。
(はっはっはっ…)

何と64歳の誕生日の前日の1日だけで、この研修ツアーの7割方が決まり、
期待の持てる楽しみなツアーになりそうな予感!

63年のこれまでの経験とノウハウが、集約的に活かされたのだ。
「8×8」歳は、能動的発想とアクション、そして“動中の工夫”も伴えば、
末々拡がりに繋がるということ。

すなわち、64歳をどう捉えるかで、
末々拡がりにもなるし、先細りにもなってしまうのかもしれない。

64歳のちょっとした空き時間は、
人生100年時代の充実づくりに活かそうっと!

mobamain

2019年の海外研修ツアーはフィンランド!

moba2

我ながらスゴい!発想と行動力

ページTOPへ
ページTOPへ