これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

04/12
2021

moba
NEW

“リーダーって、どうあればいいの!?” 2021年リーダーズセミナースタート!!

→コミュニケーションの取り方は!?
→適正な評価とは!?
→業務整理の仕方が分からない!?

→主体性の持たせ方とは!?
→決断力を持つには!?
→部下の育成の仕方は!?

→主体性の持ち方・持たせ方は!?
→的を射た適正配置の仕方は!?
と、いろいろ出てきたわけだが…

結果「リーダーとしてどうあればいいのか!?」
ということに集約されることになるわけ。

4月9日にスタートした2021年のリーダーズセミナー。
19人中18人がリアルで参加してくれた。

①“1ミニッツ自己紹介”から始まり、
みんなで持ち寄った②“時流マトリックス”。
テーマを共有しての③“リーダーズディスカッション”。

そしてみんなでの最初の共同作業として、
④KJ法による“みんなが抱える10個の悩み”を整理してみたわけだが…
この初顔合わせのやり取りがぎこちなくて面白いのだ。
(QBの山田社長、ファシリテーションお疲れ様でした)

ここに集まったリーダーズは、20代から50代前半までと
その年齢幅も広く立場の違いもある。
業種業態も千差万別。

でもここでは、同じテーマに向けその立場でディスカッションするわけだ。
ここがリーダーズセミナーのいいところ。
その視点の違い、捉え方の違いが、互いに“気づき”をもたらすことになる。

そうして得た“気づき”は、見聞きしたことや教えられたもの以上に
行動に反映される率がズ~っと高いという。

そう、この“リーダーズセミナー”は、教えられるセミナーでなく、
自分で“気づくセミナー”ということ。

今回は第1回目から“佐藤可士和展”体験もしてみた。
これもタイムリーで良かったと思うのだが…
果たして…ブランディングについても解って欲しかったのだが、
その“感性思考の時代”を理解してもらえただろうか!?

とにかくリーダーズセミナーは、これからが本番。
リーダーズのみんな、乞うご期待‼︎

moba

2021年のリーダーズセミナースタート!

moba2

19人中18人がリアルで参加

moba3

リーダーズセミナーは、これからが本番

ページTOPへ
モバイルショット

04/05
2021

moba

マリアージュもブレンドも“掛け算”の可能性が…

これ見ると、唾液をついゴクリだよねぇ~。
この溶け方もいいし、こんなに掛けてくれちゃっていいのって…
ふっふっふっ、もう戻せないラクレットチーズ。

このキタアカリは0℃くらいで1年以上寝かせてのものだという。
だからジャガイモの甘味もたっぷり。
そしてこのエスカルゴ風は、カタツムリではなくつぶ貝とマッシュルーム。
うんうん、これもガーリックが効いてて美味しい。

ここまで十勝の食材にこだわっている帯広の屋台村“プチ・プレジュール”。
そして、ここはワインバルだからワインとのマリアージュが
よりその可能性を引き立ててくれるのだ。
(阿部ご夫妻、いつもありがとうございます)

こうして1年ぶりの十勝に舌鼓を打ったわけだが…
今回のテーマは、料理の方ではなくワインの方。

私もここ十勝でワインづくりにチャレンジしているわけだが、
なんと、東京にワインブドウの木がこんなに植えられていた。
そう、この写真は東京都あきる野市の畑なのだ。

このところ東京での醸造所(ワイナリー)チャレンジは聞いていたし、
訪れたところもあるわけだが、
この東京にヴィンヤードがこんなに広がっていたとは!?

そう、私の思惑はこの東京のヴィンヤードと
北海道十勝とのマリアージュ。

もちろん食材もあるがワインブドウ同士のマリアージュも…
分かりやすく言えばブレンドってこと。

先に十勝で収穫されたブドウで醸造されたワイン“yukidoke”も
実は余市で採れたツバイゲルトとのブレンド。
このブレンドがそのテイストに深みを演出してくれた。

そう、このブレンドは“足し算”というより“掛け算”になるのだ。
“掛け算”は新たな可能性を引き出してくれる。

私たちのビジネスでも、連携やプロジェクトチーム展開は
“足し算”でなく“掛け算”となる可能性を持っているということ。
いかに掛け算となるストーリーを創るかなのだ。
もしかしたらリーダーの手腕次第なのかもしれない。

ということで、東京のブドウと十勝のブドウとのマリアージュであり、
“掛け算”を計画しているわけ。
果たしてどのブドウとのブレンドがそのストーリーを拡げ
より大きな可能性を演出してくれるのだろうか!?

ふっふっふっ、その構想は果てしなく拡がる!?

moba

これ見ると、唾液をついゴクリだよねぇ~

moba2

“掛け算”は新たな可能性を引き出してくれる

ページTOPへ
モバイルショット

03/29
2021

moba3

“意味のある”釣り体験!?

みんなで釣りを楽しみ、釣った魚をプロが捌き、
釣り仲間との美味しい酒の肴に!!
これを“贅沢”と言わずに、何をいう!?

この3月末の釣り日和に、
東京湾でのアジ、カサゴ、イシモチを釣る。

お陰さまでかなりの釣果があったことで、
みんなで美味しくワイワイと夕方まで楽しめたわけだが…

この地球環境の元、
果たしてこんな体験をいつまで続けれるだろうか!?

神楽坂にくり出し、美味しいお店で仲間と…
確かにこれも食の楽しみ方として手っ取り早くいいわけだが。

朝5時に起き、釣り宿へ。
仲間と釣り船を貸し切り、東京湾を走らせ目的の釣り場所へ。
着いて仕掛けを学んで、釣り糸を垂らすのが7時過ぎだろうか。

そして、午後1時頃まで釣りを楽しむわけだが、釣り時間より
“まつり”などで仕掛けと格闘する時間の方が長いかもしれない。
それでも、なぜかワクワク感は止まらないのだ。

結果として、2桁以上の釣果があるとかなり満足度が高くなるわけだ。

畑で春に苗を植え、あれこれ世話をして夏や秋にその成果としての
生産物を収穫し、料理してみんなで食すのと近いかもしれない。
自然との関係をここまでハッキリと体験できることは
かけがえの無いこと。

そして、どんな素晴らしいシェフが創った料理より、
価値があるように思えてならない。
そう、今回の体験に私は“豊かさ”を感じたのだ。

私たちの求める“豊かさ”とは…
高価なモノを持つことでもなく、高級なレストランでの食事でもなく、
そのプロセスに自分が関わり、エネルギーを使いその結果として
何かを得れる体験こそが“豊かさ”という価値につながるのかもしれない。

そして“豊かさ”を得るためには、
私たちが気付ける人間になることなのかもしれない。
鍵山相談役が時々語る「益はなくとも、意味がある」に
通ずることなのかもしれない。

とはいえ、こんな体験ができる環境を次の代にもつながなくては!?

moba3

これを“贅沢”と言わずに、何をいう!?

moba2

みんなで釣りを楽しみ

moba1

釣った魚をプロが捌き

ページTOPへ
モバイルショット

03/22
2021

moba1

インスタ映えする“フルーツサンド”を撮りたかったのに…

フルーツサンドのその“インスタ映え”効果は分かっていたのだが、
ここのフルーツサンドはその美味しさも評判がいいという!?

今注目の“ダイワスーパー”のフルーツサンド。
ご存知ですか!?
NHKの“逆転人生”にも取り上げられ、逆転の立役者2代目社長が登場。
ということで、そのインスタ映えする写真を撮りたくて中目黒へ!

そしてお店に辿り着くと「当店は本日分完売しました」の声と共に
お店の人が、表の扉に鍵をしようとしているではないか!?
(えっ?まだ午後の1時だけど…)

するとその人が、
「歩いて10分の“ダカフェ恵比寿”にて店内用のフルーツサンドを
ご用意してます」という。
ということで、どうしてもインスタ映えするフルーツサンドを撮りたい私は
10分歩いて“ダカフェ恵比寿”へ。

ついに辿り着いたのだが、待つ人の行列が…
一応、店内だけは覗かせてもらったが、
知らないお客さんのフルーツサンドを撮らせてもらう勇気はなく、
泣く泣くお店を後にすることに。

お陰様でこの日は12,000歩ほど歩かせてもらった。
(ありがとうございます)
朝のランニングも含めてだけど…

さて、愛知県岡崎市の小さな赤字続きだったスーパーマーケットが、
東京の、それも若者に人気の中目黒にお店を出せるようになったのか!?
それだけではなく、恵比寿にもカフェを出しちゃったりしてるわけだ。

たまたま“逆転人生”も観させてもらったので、
そこまでのさまざまなチャレンジも含め顛末はわかっているわけだが…
そのキーワードはタイトルにある通り「インスタ映え」なのだ。

2代目店主が“八百屋の作る本気のかき氷”としインスタにアップ。
2週間ほど経った頃、ある一人の女性が来店し、かき氷を2つも注文したという。

2代目店主は“うちのかき氷はとんでもなく大きいので、
1コだけでも食べきれないと思いますよ~”と言ったのだが、
それでも2コ欲しいということで、2コ作ってお出ししたという。

そのメロンをたっぷり使ったボリューム感ある“本気のかき氷”が 
2つも並んだ写真がインスタにアップされると、
6,000もの“いいね!”がつき、フォロワーも一気に3,000人に。

ほ~そういう時代なんですねぇ~
伝わったでしょうか!?

先日紹介した神楽坂の住宅街に突然オープンしたおはぎ屋さんも
インスタを上手く活用して、午後の早い時間には売り切れているという。

もうこれまでのコンサルタントがいう“まずは立地ですよ”なんていう
マーケティングは通用しない時代になったということ。

ということで、インスタでありSNSをもっともっと活かさないとねぇ~。
私ももっとインスタを研究しないことには、
偉そうなことは言えない!?

moba1

今注目の“ダイワスーパー”のフルーツサンド

moba2

インスタ映えする写真を撮りたくて中目黒へ

moba3

えっ、もう売り切れ!?

ページTOPへ
モバイルショット

03/15
2021

moba1

次世代に残したいお店‼︎ 盛岡のソールフード“福田パン”。

ついに盛岡で“福田パン”に出会う。
お~、このソフトなコッペパンに挟まれると
なぜか具材たちが一際美味しいのだ‼︎

1番人気は“あんバター”なのだが、
敢えて“ずんだあんにバター”をまず注文し、
そして“ブルーベリージャム × シャンティラムレーズン”
“コンビーフ × れんこんしめじ”としてみた。

うんうん、どれも美味しい。
この幅広でソフトな感触のコッペパンが
それぞれの具材のいい味を引き出してくれている。

実は、前日の夕方5時には「完売」の二文字が扉に貼られ、
“またのご来店を心よりお待ち申し上げます”と。
(くう~、なんてこった)

その期待は半日延長され、
ついにこの盛岡のソールフードに出会えたというわけ。
盛岡のソールフードとして“福田パン”を知ってから1年半。
ついにそのチャンスが巡ってきたのだ。

実はこのビジ達で約1年半前、“吉田パン”を紹介しながら
“福田パン”もこのように紹介していた ↓

「吉田パンの創業者の吉田友史氏は、ある時、
盛岡市の“福田パン”のコッペパンをお土産としてもらい衝撃を受た。
そして吉田氏はその衝撃から、
福田パンに出向き直談判をして弟子入志願。

結果、福田パンからコッペパンの味やノウハウを学び、
6年前に東京・亀有に開店したのが“吉田パン”だった」と。

もちろん、この亀有の“吉田パン”も行列のできる人気店なわけだが…
私がどれほどワクワクしての出会いだったのかが伝わっただろうか!?
こんなプロローグがあっての“福田パン”訪問だったのだ。

という話で、“福田パン”と“吉田パン”がすでに
ごちゃごちゃになった人もいるだろうが…
今回の主役は盛岡の“福田パンダ”!?(アハハハ)

今どきの都会には、流行りの食パンなどを売る繁盛店も多いが、
この盛岡で70年続くソールフードとまで呼ばれる“福田パン”こそが、
地域から愛され、そしてこれからも残ってほしいお店なのだ。

私たちの知らないその地ならではの繁盛店は、
日本中にまだまだたくさんあるはず。

今回は次世代に残したいお店、
コッペパン専門店「福田パン」を紹介した。
この“次世代に残したいお店”はシリーズ化になる予感!?
乞うご期待‼︎

moba1

ついに盛岡で“福田パン”に出会う

moba2

盛岡のソールフードだという

moba3

その地ならではの繁盛店だ

ページTOPへ
ページTOPへ