これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

09/13
2021

moba_0913

39歳ミレニアル世代の山田社長が思う  「もしかして自分も、老害かも」

げっ?!39歳に“老害かも”と言われてしまっては、66歳の先代社長の立つ瀬がないのだが…

このところ自分の“老害”を心配して、
役員会議にも出ないし、会社のあれこれもに対しても
“見ざる、聞かざる、言わざる”を徹底してきた。

老害というより、害にならないとしても下手なアドバイスも
言わない方が自分たちで考えるし、
自分たちで考えての失敗は、自分たちの学びにもなり、
自分たちで責任もとってくれる。

まさに“自分たちの会社”となるとわけだ。
年齢の高さは、ただ長く生きてきたというだけではなく、
今の価値観と違う時代を生きてきて、
その価値観で物事を捉え判断している可能性が大きいということ。

もちろん普遍の価値観もあるだろうが、
今の時点ではそれがこれからも通用する価値観かどうかは
分からないとも言える。

ということで、意味を持って“見ざる、言わざる、聞かざる”を
実践できるかかどうか?!

調べていくと…
見たとしても敢えて見なかったことに!
知っていても敢えて言わない!
聞いたとしても敢えて聞かなかったことに!

これが本来の意味のようだ。
こんな“大人の対応”ができないと
老害となってしまうわけだ。

老害とは、新しい時代になろうとしているのに
これまで見てきたことをつい発信し、
知っていたことをつい語り、
聞いたことをつい反映させようとしてしまうこと?!

この時代の変わり目こそ、
ビジネスのあちこちに老害の落とし穴がある。

ところで“若害”という言葉はあまり使われない。
このことは“若気の至り”として優しく許されることが多い。
それは年配者は、立場や地位があるからタチが悪いということだ。

そういう意味では、山田社長も“老害”には至らないが
もう“若気の至り”では許されない歳頃かもしれない。

ちなみに、この“見ざる、聞かざる、言わざる”は
孔子の論語が由来のようだが…
本当は“三ざる”でなく、“四ざる”だったという。
その四頭目の猿は、なぜか股を押さえていたという??

もしかしたら、どの時代でも禍の元がそこにあったってこと?!
いや、私は分かりませんが…

moba_0913

“若気の至り”では許されないお歳頃?!

ページTOPへ
モバイルショット

09/06
2021

moba_0906 (1)

『AIとBIはいかに人間を変えるのか』との出会い

先週ここで紹介した“角川武蔵野ミュージアム”。
実はここを訪れたことで2018年に発刊されていた 
波頭 亮著のこの本に出会えたのだ。

タイトルは『AIとBIはいかに人間を変えるのか』。
その表紙には無邪気に微笑む赤ちゃんが…
(手に取ってしまいますよねぇ?!)

AIを“アイ”と呼んでは“そこに愛はあるんか”になっしまう。
BIは“ビジネス・インテリジェンス”でも
“ブランド・アイデンティティ”でもない。

AIは、もちろん“人工知能”のこと。
そしてBIは、国民全員に生活できるだけの現金を無条件で給付する
“ベーシック・インカム”という制度のこと。

“AIとBI”が並んでいるが、何の因果関係もないと言っていいだろう。
強いて言えば、アルファベットのスタートのAとBであり、
語呂のよさと並びのよさくらいだろうか。

波頭氏は、成熟化が進み世界的にVUCAの時代と言われる今、
このAIとBIは、現状の世の中を根底から覆してしまう可能性を持っている。
だからこの二つを取り上げたのだという。

そう、私にとってもAIもBIも未来を演出する上では
重要なテーマとして位置付けていたわけ。
だから2万5000冊もの中にあっても、私の視覚に飛び込んできたのだ。
(ほらほら、興味湧いてきたでしょう)

AIはここ10年くらいで私たちのビジネスにも社会生活にも
もっと大きな影響をもたらすのは間違いない。

BIも貧困や格差の是正だけでなく、棚上げにされてきた社会課題の解決にも
大きく貢献するように思えてならないのだ。
(ここでは詳しくは語らないが…)

私が“ミレニアル・トランスフォーメーションの時”という理由も
まさに“変革の時”が今ということ。

→YouTube“ビジ達 7 ”『今こそ“ミレニアル トランスフォーメーション”の実践』
https://www.youtube.com/watch?v=SPPkD9OtoVw

もっと言えば、これまでの世界の政策であり社会システムの延長線状には
社会課題の解決も望む未来もないということ。
(ふっふっふっ、読みたくなったでしょう)

波頭氏が3年前に出版しているところが素晴らしい‼︎
そして“角川武蔵野ミュージアム”にこの本が並んでいたことも素晴らしい‼︎

まさに「相乗効果は行動の二乗に比例する」
AIをもっと知ろう!
BIももっと研究しよう!

moba_0906 (2)

2万5000冊の中の注目すべき一冊!

ページTOPへ
モバイルショット

08/30
2021

moba_0830

所沢の“本棚劇場”へ、「温新知故」の体験!

その建屋の5階に着き、チケットのQRコードを提示したその時、
建屋内は暗くなりプロジェクションマッピングが始まった。
(私が着くのを待っていた?!)

痛快なBGMを背景についつい見惚れるばかり。
この華やかなひとときこそが“本棚劇場”って言われる所以。
(いまどきはいろいろ仕掛けてくるねぇ〜)

これぞ“温新知故”体験。
この宣言下、越境して“角川武蔵野ミュージアム”へ!
(そう、訪問のタイミングをうかがっていたわけだ)

ここが日帰りで行ける絶景スポットと謳われる
所沢にある注目の“本棚劇場”である。

そして、まるで大地から隆起した岩のような建屋は
建築家/隈研吾が国立競技場と同時期にデザインしたという。
(そう2020年にはすでにオープンしていたってこと)

この“角川武蔵野ミュージアム”は、
図書館と美術館と博物館が融合した文化複合施設であり、
KADOKAWAと埼玉県所沢市が共同で進めている
街づくりプロジェクト。

民間企業と自治体がコラボして展開するプロジェクトも
あちらこちらで展開されるようになったねぇ。
(そういえば私のMemuroワインヴァレー構想もそうだったような…)

このコロナ禍でもまぁまぁお客様は来ている方だと思うけど。
とにかく複合的にあれこれ組み合わせてのシナジー構想にしないと
なかなか人は集まってくれないのが実際。

さて、繰り返し来てもらうための仕掛けが少ない気がするけど…
どう対応するのだろう?!
“本棚劇場”のプロジェクションマッピングも1回体験すればいいし〜。

アトラクションのインパクトとワクワク感でリピートさせる
アミューズメント施設とは違うので難しいだろうなぁ〜
遠くから来なくても、この周辺の人たちが来てくれる
ショッピングや飲食施設の充実も重要なのかもしれない。

えっ?!隣の公園には“Team LAB”のアート施設があるって?!
うんうん、こういう新鮮なところとのコラボが大切なのかもしれない!!

さて、今からでも“温新知故”体験へ!!いざ…

moba_0830.

本棚劇場

moba_0830..

建築家の隈研吾がデザイン

ページTOPへ
モバイルショット

08/23
2021

IMG_6735

我が家のサボテンのようなスタッフに、期待‼︎

12〜13個の子供たちを一度に付けた我が家のサボテン。
こんなに一度に子供たちが芽生えるものなのだろうか⁈
これってサボテンのあたりまえ⁈

これまでも年に1〜2個は子供を付けたことはあり、
別鉢に植え、スクスクと育っている。

今思えば、マンションへの引っ越しのタイミングで
小さな植木鉢とともに登場した1センチにも満たないサボテン。

すでに12〜13年はマンションで成長したことになるが、
今や背丈は25センチメートル、
トゲを含めない直径でも10センチくらいある。

いや〜よくここまで成長してくれたものだ。
窓側に目を移す度にその成長ぶりに驚く。

そして、毎年ピンクの鮮やかで美しい花を咲かせてくれるので
自然の持つ可能性と“心のゆとり”をもいただいている。
(感謝、感謝)

さて、今年は何故か12個もの子供を付けた。
我々にこれだけのホクロや吹き出物ができたら大変なこと。
果たしてサボテンにとってはどうなのだろうか⁈

ちなみにサボテンの花言葉の一つは「枯れない愛」。
水が少ない乾燥した土地でも強く育つことからつけられたようだ。
多くの植木のほとんどは、少し水をあげないだけでも枯れちゃうからね。

私たちのビジネスの世界でも水をあげないとねぇ〜。
リーダーは常にスタッフに水をあげなくてはいけないってこと。
(お金のことじゃないよ)

ここでいう“スタッフへの水”とは、
“フィードバック”であり“フォローアップ”のこと。
これがなかなか上手くできてないことが多いんだ。
(だから、後ろを振り返ってみるとバラバラだったりする)

そう考えるとサボテンのようなスタッフがつい欲しくなるよね。
水をあげなくてもいいスタッフということだけど…
でもサボテンのようなスタッフはトゲがあって扱いにくいのかも⁈
(ふむふむ、納得)

でもうちのサボテンのように、派手なタイプではないが、
大切に意識して育んでいると、艶やかな花も咲かせてくれて
次なるスタッフをもたくさん産み出してくれるということなら

嬉しい限りである。

IMG_6746

12個もの子供(子株)たち

ページTOPへ
モバイルショット

08/16
2021

IMG_6490

神楽坂茶寮の人気 スイーツ“saryoパフェ”

これが人気の“saryoパフェ”。
こだわりの抹茶アイス、 抹茶ゼリーなど抹茶づくしのパフェ。
庭園をイメージした飾り付けだという。

うんうん、私に似合うパフェなわけだが…
なぜか初対面。

何とこの神楽坂に“神楽坂茶寮”がオープンして
18年目だというのにやっと出会えたわけだ。
(まぁ、1人ではこんなカフェには入らないからね〜)

この手前で茶寮定番の“おばんざいセット”を美味しくいただき
この“saryoパフェ”に至ったのだが。
それほど甘くなく、新しい感覚を美味しくいただくことができた。
(そう、こういう体験がこれからのビジネスには大切⁉︎)

この神楽坂にあって、町屋風の一軒屋をまるごと使い、
その雰囲気に合ったお洒落な和風の食事やスイーツが…
これがたくさんの若者やカップルが並ぶ理由。

大きな窓から差し込む日の光とさわやかな雰囲気を醸し出す竹が、
どこか懐かしくほっとする雰囲を演出してくれる。
この懐かしさある雰囲気でお洒落感たっぷりのスイーツを前に
お友達と会話を走らせるのがいいのだろう。

やっぱり自分が行きたいかどうかではなく、
これからを担う若い人たちの嗜好や価値観を知るためにも
時々こういうチャレンジをしないとダメ。

これが“温故知新”ならぬ“温新知故”の実践。
“新しきを温ねて、自分の故きを知る”ってこと。

次回お邪魔するときは…
ラム酒が香るモンブランクリームに抹茶を合わせ
栗の甘みと風味がウリの女性支持率No.1という
“モンブラン抹茶パフェ”にチャレンジしてみたい。

えっ、渋谷スクランブルスクエアの14階にも
この神楽坂茶寮があるって⁈
あれ〜いつの間にか時は流れていた。

もっともっと“温新知故”を実践しなきゃ、追いつかない⁈

IMG_6491

“神楽坂茶寮”外観

IMG_6492

店内は若者やカップルで賑わう

IMG_6493

おばんざいセット

ページTOPへ
ページTOPへ