これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

08/17
2020

moba_1_0817

Apple、Amazon、そしてStarbucks

私にとっての3大ブランドはというと
Apple、Amazon、Starbucksとなる。

私が“カスタマーエクスペリエンス”をこのビジ達で語っていると、
そろそろStarbucksのカスタマーエクスペリエンスを
語る頃と言わんばかりに仕掛けてくる。

「スタバ日本初のサイニングストアのオープン!」という発信。

昨年の春から今頃にかけては中目黒の
スターバックス・リザーブロースタリーにリーダーズセミナーの
視察を兼ねても足を運んでいたのだが…
そこからも早1年。

今回は聴覚に障がいのあるパートナー(従業員)を中心に運営する
“サイニングストア”のオープンということで
Starbucksが展開するとどんなお店になるのかと
思わず国立駅へ向かってしまった。

改札を出ると目の前にあの人魚マークも見えるのだが
店頭のサインには、すでに手話文字が並ぶ。

店舗のコンセプトは“Infinite Possibilities(無限の可能性)”
(さすが、カッコいいコンセプトだこと)
さて、通常のスタバと何が違うのか!?

もちろん私は手話はできないので…
カプチーノを指差し、店内かテイクアウトか、
サイズとホットかアイスを指差せば、これで注文はOK。
そして、金額も表示される。
(なんのストレスも感じないでスムーズに)

もちろん目の前のスタッフが障がいを持っていることは
分かっているのだが、とにかくニコニコキビキビ対応してくれる。
(この笑顔には私も笑顔で応えてしまう)

また、店内を彩る手話をモチーフにしたアートがいい。
アートのタイトルは“Talkative hands(おしゃべりな手)”。
(聴覚障がいのある両親をもつ作家のアートだという)

やっぱり…障がいを持った人たちが働くところだとしても
Starbucksが展開するとこうなるわけだ。

Starbucksとして、“サードプレイス”を強調していた
ハワード・シュルツ氏。
自宅でもない、職場でもない、サードプレイスは
気づきもくれて、自分らしさを取り戻せる第三の居場所なわけだ。

このサイニングストアもStarbucksが提供する
“カスタマーエクスペリエンス”の一つということ。
このエクスペリエンスの繰り返しが、ブランドを創っていくのだ。

ブランドづくりには時間はかかるし、でも壊れる時は一瞬だし…
とにかくブランドづくりは奥が深い。

moba_1_0817

スターバックスのサイニングストア

moba_2_0817

実際に行ってみたのだ

moba_3_0817

スタバならではの顧客体験とは

ページTOPへ
モバイルショット

08/11
2020

moba0811

アップデートコーチングで、サクラマスに!

石川県能登島から、
岐阜県恵那市から、
宮城県名取市から、
愛知県名古屋市から、
東京や埼玉はもちろんだが、全国から経営者が集まってくれた‼︎

みなさん、ありがとうございます(^^)

私はほとんどの人は知っていても、参加の人たちにとっては
こんな顔合わせでのコミュニケーションは初めてと大好評だった。
これも“コロナ禍”によるオンライン産物なのかも。

それぞれの地域のそれぞれの会社の課題も聞けて、
ディスカッションも盛り上がったようだ。
(今回のディスカッション時間は短かったようだが…)

参加した方々はなかなか触れ合えない顔合わせの妙もあり
かなり新鮮だったという。
お陰さまでこの“アップデートコーチング”の体験zoomセミナーは
思った以上の効果を予想させてくれた。

とにかく、いま経営者は次なるステージに向けて決断のとき。
世の中の8割の経営者はここで大きく舵を切らないことには
その先が見えなくなってしまうということ。

もしかしたら、ヤマメがサクラマスに成長するように…

これまでの長きに渡り“淡水”で日々を送っていた魚が
急に海がそこに現れ、その泳ぎ方も、息継ぎの仕方も、
過ごし方のルールも大きく変わり、敵も多い大海に対応しようと
あれこれ準備をしているのかもしれない。

そのかわり海は敵も多いが食べ物が豊富で、
ヤマメは体長も60cm、体重も3kgのサクラマスになって川に
戻ってくるという。

とにかく、サクラマスになるかどうかは別にして
これまでの住み慣れた川から、世界につながる大海へと
打って出なければならないタイミングなのかもしれない。

今回の参加者は、不動産関連、IT関連ビジネス、人材派遣から芸人。
障害者の支援事業、ニッチ分野のソフト開発から
ICT関連教育支援まで。
とはいえ、その業界のボーダーも、国や地域の境目もなくなり、
すべては地球規模の価値観で比較され、
選択される時代に入ろうとしているわけだ。

ふむふむ、“ヤマメがサクラマスへ”は、
自分ながら分かりやすい例えだ。
まず、河口付近で海水とその波を体験することから
始めようではないか。

それが「アップデートコーチングCLUB」での
オンライン会議体験ということ。
↓ ↓ ↓
まだ、2回目以降、間に合います。
ご連絡いただければzoomアドレス送付させていただきます。

「アップデートコーチングセミナー」スケジュール(zoom開催)
第1回目:8月7日(金)16:00~17:30
第2回目:8月12日(水)16:00~17:30
第3回目:8月19日(水)16:00~17:30
第4回目:8月27日(木)16:00~17:30

moba0811

全国から経営者が集まってくれた‼︎

ページTOPへ
モバイルショット

08/03
2020

moba1_0803

朝顔に つるべ取られて もらい水

この赤がとにかく鮮やかに美しい!!
そしてお隣同士、蔓が巻きついていたりするわけだが、
同じ赤でもその色は微妙に違ってまた美しい。

毎年タネを取り、いつのタネが元気なのか
どの種類がいい色の花を咲かせるのか
いろいろと試しながら楽しんでいるわけだ。

それにしても自然の赤ほどビビッドなことはない。

そこで一句、
「朝顔に つるべ取られて もらい水」

うんうん、そのくらい彼女にとっては
朝顔が美しくはかなく感じたんだろう。

だれもが聞いたことあるだろう朝顔テーマの俳句であり、
江戸時代の俳人、加賀千代女の女性らしさや
優しさが感じられる俳句のひとつ。

私なら当然その蔓を巻きとって、つるべを使うわけだが…
そこが加賀千代女の優しさなのかもしれない。
もしかしたらそのへんが俗っぽいと
その後、正岡子規がこの句について批判したようだが…

ふっふっふっ…
こんな話をするとまるで私が文学に精通しているように
聞こえるかもしれないが…

ところでだ…
“朝顔はいつ花を咲かせているのか!?”と
今朝のNHKで投げかけていたのだ。
確かに、私が朝起きたときにはすでに咲いていて、
仕事から戻ったらもう萎んでいる。

もしかしたら、日の出に関係なく暗くても
朝顔は花を咲かせているのかも!?という発想も湧いてくる。

実は暗くても咲いているということらしい。
番組でもおおよそ10時間ルールがあると言っていた。
前日18時が日没なら、朝4時頃が開花目安だと。
前日が19時が日没なら、朝5時が開花目安となる。

すなわち、その朝の日の出時刻ではなく、
前日の日没時間が関係しているという。

そして、咲いてる時間だが、朝顔の花びらというのは非常に薄いため、
その日が暑ければ暑いほど花びらの水分が蒸発することとなり、
結果早く萎んでしまうという。
ということで雨の多いこの頃は、昼過ぎまで咲いていたわけだ。

とにかく、変化も多く、そして美しいものが身近にあると
日々世話をしていても張り合いが出てくるのは間違いない。

毎週の“ビジ達”のアイデアも、日没から10時間のルールが欲しい!?

moba1_0803

この赤がすばらしい!

ページTOPへ
モバイルショット

07/27
2020

moba0727

経営者の“アップデートコーチング”こそ、トランスフォーメーションには必須‼︎

経営者のアップデート無くして、
会社のトランスフォーメーションは難しい!!

「この新型コロナウィルスによって
ビジネスがこんなに大きく変わるとはねぇ~。
もうリモート対応にもデジタル化にもついていけないよ」
と経営者がこそっと口にする。

私は間髪置かずに…
「だったら早く経営を誰かにバトンタッチするか、
M&A相手を探しなさいよ。
そうしないと社員とお客様がかわいそうだ」
と一際大きく叫んでるつもりなのだが、何故か声になっていない。
(よくあることだが…)

私は以外に優しい。
言い方を変えれば、経営者本人にしっかりダメ出しできるほど、
私には度胸が備わっていないのだ。

とはいえ、先程の声になっていない語りは正直な気持ち。
そのくらい今は、経営者としてチカラの発揮どころであり、
決断のしどころ。
ここで覚悟と決断のできない経営者はいないも同然。

“アップデートコーチング”を発信し始めてから
「経営者のアップデートってどういうこと!?」
とよく聞かれる。

ここでしっかりと“会社のトランスフォーメーション”を
実践出来ないことは、次なる土俵に上がれないのと一緒なのだ。
上がったとしても相撲にならないわけだ。

じゃどんな変革が求められているかというと…
組織も変えるし、働き方も、
ビジネスモデルも、そして商品やサービスの見直しもである。

もしかしたら、ビジネスドメインをも変えることに
なるかもしれないのだ。
あ~ミッションやビジョンも変える必要もあるかもしれない。

まさに部門のマネージャーやリーダーでは出来ないレベルのこと。

経営者自身がそれまでの“経営のノーマル”を捨て、
令和ビジネスの“ニューノーマル”に向けチェンジしないことには
会社は新たなビジネスのステージで生きていけない。

だから経営者のアップデート無くして 
その会社の未来はないという結論に。

https://ucc.q-b.co.jp/

今こそ“コーポレートトランスフォーメーション”を
と言われているが、
実はまずは経営者自身のトランスフォーメーションが
求められているわけだ。

moba0727

まずは経営者自身のトランスフォーメーション

ページTOPへ
モバイルショット

07/20
2020

mobamain

ついに日本の漫画の原点“トキワ荘”へ

ヘェ~、あの当時のテレビには大鵬が映ってるし、
畳みの上の雑誌にはオードリーヘップバーンが。
そして部屋は、懐かしい四畳半だし…

当時のらしい共同炊事場とトイレまでも再現してある。
(まぁ、私の若い頃とほとんど一緒だけど…)

この7月にオープンしたばかりのトキワ荘マンガミュージアムを
体験してきたわけだ。

この部屋には石ノ森章太郎氏がいて、隣が赤塚不二夫氏、
その隣が藤子・F・不二雄氏で、そして藤子不二雄A氏で…
スゴ~い超有名漫画家が過密状態。

このように懐かしいアパートの再現演出もスゴいのだが、
私が感動したのは、その当時にこのトキワ荘に住み、
当時のことや手塚治虫氏のことを語る漫画家のインタビュー動画。

「手塚さんが初めて漫画に“ストーリー”を入れたんです。
そこから漫画家を目指すみなさんが倣い、
今の日本の漫画やアニメが始まったわけなんです」

やっぱりトキワ荘といえば手塚治虫氏となるわけだ。

1985年(57歳のとき)NHKから取材を受けたとき手塚治虫氏は
「あと40年は描きますよ、僕は。
アイデアだけは、もうバーゲンセールしてもいいぐらいあるんだ」
という。
(私が早稲田で会社を創業してから3年目の頃である。
もしかしたら“虫プロ”は高田馬場にあった頃かも!?)

そのくらい創作活動へ強い意欲を見せていたわけだが、
残念ながら1988年に胃がん(本人は知らない)で入院。
その病院のベッドでも、医者や妻の制止を振り切り
漫画の連載を続けていたという。

漫画家になりたいなりたくないにかかわらず、
手塚漫画はどれほどの多くの人たちに影響与えたことだろう。
(私も少なからず影響を受けている)

そしてこのトキワ荘こそが多くの漫画家を育て、
日本の漫画、アニメの原点なのだ。
そして、このトキワ荘出身の漫画家たちのマンガやアニメに
どれほどの多くの漫画家と世界の人たちが影響を受けたことだろう。

それが今回のビジ達本編にある、
エストニアでの日本語が流暢な女性ガイドさんに繋がるわけだ。

これからのオンラインでの動画の時代には、
これらコンテンツとそのストーリー発想はもっと貢献するに違いない。

私の発信するYouTube“ビジ達 7”に
ストーリー性ある動画コンテンツも創ってみようかな!?

今週の中島セイジの“ビジ達 7 ”は5Gでなく6G!
https://www.youtube.com/watch?v=r34U84JyY30

mobamain

ついにトキワ荘へ

moba2

ここで名作が生まれたのだ

moba3

これからはストーリーが大切!

ページTOPへ
ページTOPへ