これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

09/09
2019

moba

あなたは「オールドタイプ」、それとも「ニュータイプ」!?

え~、こう言われて「オールドタイプ」でいいやと思う人は少ないはず。
当然、「ニュータイプ」に入りたいわけだが…
とはいえ、ミレニアル世代の発想でありその価値観との違いは
このところ十分理解しつつあるわけだ。

先日、紀伊國屋書店で手に取り読み始め、
ショックを受け続けている『ニュータイプの時代』。
とにかく昭和の時代に会社を立ち上げた経営者としては
突きつけられることばかり。

さて、このコラムを読んでくれているあなたも
「オールドタイプ」であることを分かって欲しい。
(ははっ、決めつけてしまったが…)

この20世紀の後半まではずっと
「問題が過剰で解決策が希少」という時代だったので、
学ぶ目的は「問題解決能力の向上」に置かれていた。
ところが、少し前から「問題が希少で解決策が過剰」
という時代に突入しつつあるという。

だからこれまで論理的で、勤勉で、責任感も強く
“優秀な人材”とされてきた「問題解決型のオールドタイプ」は
急速に価値を失っていくというのだ。

相まって、自由で、直感的で、わがままで、
好奇心の強い人材「ニュータイプ」が
今後は大きな価値を生み出し、評価されることになるだろうと。

20世紀の後半から21世紀の前半まで、
50年ほどの間「望ましい」とされてきた
思考・行動様式の多くは急速に時代遅れのものになりつつある。
すなわちこれら旧態依然とした思考・行動様式こそが
「オールドタイプ」だという。

あのセグウェイを事例として取り上げ…

世紀の大発明と言われ鳴り物入りで登場したにもかかわらず
“セグウェイ”はなぜ売れなかったのか!?
セグウェイの登場のタイミングとして
「何の課題を解決するのかはっきりしない製品だった」ということ。

それだけ「ソリューションによって解消したい課題」が
希少になりつつある今、問題解決能力を保持する
「オールドタイプ」の活躍の場は少なくなってきているというのだ。

読めば読むほど、突きつけられる「オールドタイプ」。

ほ~、ふ~ん。
「オールドタイプ」ねぇ~。

ところで著者の山口 周さんは
なぜ逃げ道のない「ニュータイプとオールドタイプ」
なんていうネーミングにしたんだろう!?

何か悔しい気分だが…
もしかしたら、今からでも「ニュータイプ」に
切り換えられるって言いたかったのかもしれない。

ふっふっふっ…諦めない。
え~、このしつこさがオールドタイプだって(^◇^;)

moba

はたして、あなたはどちらだろうか⁉

ページTOPへ
モバイルショット

09/02
2019

moba0902

「みどりの救缶鳥」ついに発進!

4年前?いや5年くらい前だろうか。
ユーグレナ配合の付加価値の高い“パンの缶詰”を
秋元社長と共に発想したのは!?

その時すでに、出雲社長と秋元社長が握手をしながら
記者発表に臨むというイメージを描いていたのだ。

ついにこの8月30日(金)、
そのイメージ通りの記者発表が
「みどりの救缶鳥プロジェクト」
として発信されたのだ。

ユーグレナ配合のパンの缶詰タワーと共に
写真撮影に臨むイメージもその時のまま。
(素晴らしい!)

実際、この「みどりの救缶鳥」のスゴさは
ただ栄養価の高いパンの缶詰というだけではない。
まずは備蓄食料として、何年もの間もしもの時の“安心”を演出。
その後、世界の飢餓地域や災害地に運ばれて、
多くの人たちの栄養価の高い食料として役に立つというもの。

すなわち「みどりの救缶鳥」は
“Dual Heroes(デュアルヒーローズ)”なのだ。
二重の活躍を使命としたヒーローってこと。

ユーグレナの出雲社長の
“世界の飢餓地域の人たちの栄養不足をなんとかしたい”
というミッションにも応えられるヒーローなのだ。

1、美味しくて、2、長く保存ができて、3、輸送にも強く、
4、必要な時にすぐ食べれて、5、そして栄養価が高い。
これだけ長所が揃えば、活かし方のアイデア次第で
世界のヒーローになりうるってこと。

だから2人の笑顔には、地球規模の課題に取り組む
“Dual Heroes”の雰囲気が醸し出されているような…

おっ、もうすでに“テレ東“WBS”で
この2人の映像が紹介されたという。
(素晴らしい!)

とはいえ、“Dual Heroes”としての活躍はこれからなのだ。
みんなで応援しよう。

moba0902

みどりの救缶鳥発進!

ページTOPへ
モバイルショット

08/26
2019

unnamed

里山と生きる、注目の“水族館”たち

ついに第3回「里山と生きるフォーラム」
開催が決定!
11月7日木曜日。
水族館プロデューサー“中村 元氏”招聘。

池袋のサンシャインシティの10階で
エレベーターを降りた途端、目の前に流れ落ちる滝。
そして、南洋のリゾートへワープしたかのように
青々と茂った植物たち。

ここはあくまで首都東京、池袋のビルの屋上だ。
2011年に、サンシャイン水族館は「天空のオアシス」
として生まれ変わった。
そこから、毎日入りきれないほどのお客様が行列をつくるという。

このリニューアルに関わったのが
水族館プロデューサー中村 元氏だ。

もちろん中村さんは都心の水族館だけでなく
日本中の水族館活性化のためのお手伝いをしている。

北海道のど真ん中の山裾、寂れて閑散とした温泉街。
そこに注目の「北の大地の水族館」がある。
建て替えの建設費は極小予算。
冬はマイナス20度の極寒。

そんな弱点だらけの無謀な水族館計画に
ボランティア状態でお手伝いをしてしまう中村氏。
すると低予算ゆえの下から見上げる半トンネル水槽が
世界初を演出する。

これにより激流の泡の中で、
きらめくオショロコマたちの泳ぎが見られる
魅力的な“水塊”が誕生したのだ。

水族館づくりはその土地柄と深く関係するわけで、
いかにその里山ならではの“水塊”づくりをしていくか。
これがその後の集客力に関わってくるということ。
すなわち、中村氏はその里山を活かし“弱点”を逆手にとって
その地ならではの“まちづくり”を展開しているのだ。

中村氏は新・鳥羽水族館をスタートに
全国の多くの水族館と関わりを持ち、まちづくりをお手伝いしている。

中村氏の“弱点で進化を起こす”という発想は是非学びたい展開。

ほらほら、11月7日の「里山と生きるフォーラム」に
参画したくなったでしょう。
もちろん、「里山と生きる協会」会長の石坂典子氏との
パネルディスカッションも計画してるわけ。

集え、「里山と生きるフォーラム」へ!

unnamed

集え、「里山と生きるフォーラム」へ!

IMG_9710

水族館プロデューサー“中村 元氏”

ページTOPへ
モバイルショット

08/19
2019

mobamain

脳血管障害への“前始末”

「えっ、私が“脳梗塞治療”!?」
という見出しがインパクトあったのか
多くの人たちからたくさんのコメントをもらえたのだ。

(ビジネスコラムには滅多にコメントをくれないのにだ。
とにかく、心配お掛けしましたm(_ _)m)

私はこれまで同様、東奔西走しながらも元気なのだが…
それでも10月初旬に10日間の入院を決断。
なぜ、この元気な中で入院を決断したのか!?

これぞ「前始末」。

あのイトーヨーカ堂の創業者、伊藤雅敏氏の言葉
「後始末より前始末」である。
ビジネスにおいても「後始末」は手間もかかるし、
場合によっては莫大なリスクを負うことになる。

私たちにとって「脳血管障害」といえば…
脳梗塞を代表に日本人の死亡原因の第3番目となる疾患で、
寝たきりの原因の1番となる疾患。
ついに私の身の回りの人達にも“脳梗塞”の3文字が
見え隠れしてきたのだ。

ご存知のように思いもよらないタイミングで突然やって来るわけで、
周りの人に多大なる迷惑かけることは間違いない。
だったら「前始末」しとくのが私たちの責任。

そこで脳血管障害の「未病治療」との出会い。

嬉しいもので、この歳になると周りの先輩方が、
先にいろいろ体験してくれていて、
巡り巡って先輩の紹介により「金澤点滴療法」に出会うことに。

初めての自分のMRIとMRAの画像を観ながら
金澤武道(たけみち)先生の診断を受けることに。
そして10日間の入院を促され、点滴治療を決断。

この療法、血管の老化に対して血液と血管の両面から
アプローチする未病治療。
当然、詰まった血管が元に戻ることも、
その先にある死んだ細胞が蘇ることもないが、
細くなった血管を広げ、脳全体の血流を良くしてくれるという。

“前始末”として、期待大である。

ところで、私たちのビジネスシーンでも
このところの激しい時代の変化により、
組織内で血管障害が起こっているのでは?

早く対処しないと、前始末ではなく、
“後始末”になってしまうかも。

会社組織の“点滴療法”がないか
金澤先生に聞いてみよっと!

mobamain

前始末が大切だ

moba2

先日は多くのコメントをいただいた

ページTOPへ
モバイルショット

08/05
2019

moba1

えっ、私が“脳梗塞治療”!?

えっ、10日間の入院!?
先生、1週間くらいではダメですか!?
「ダメです」

先生とのこんなやり取りの末、きっちり10日間の入院を覚悟。
そして、約2カ月先のすでに入っていたセミナーや収録予定をずらし、
10日間の入院予定を入れたのだ。

「すみません、急遽入院しなくてはならず…」
関係者の方々は急な投げかけにも、この“入院”の2文字が効き
あっさり変更に応じてくれる。
その日の午前中の病院で決断し、
その日のうちには10日間の入院日程を確保できたのだ。

まぁ、60代も半ばになってからの
“入院”の2文字はインパクトがあるようだ。

いや、今回の話はそこではなく、
10日間の入院を覚悟させてくれた先生の話。

病院に着くと早速、頭を固定され脳のMRI検査。
そしてこの道の権威、金澤先生が直々にそのMRI画像を観ながら診断。
「うんうん、この辺は綺麗で問題ねぇがぁねえ~。
このあだり(辺り)のすろい(白い)箇所が気にかかるかなあ~。
あ?そうねぇ、血管を観てもこのあだり(辺り)が少し繋がりの薄い部分が…」

ということであっさり「脳梗塞未病治療」10日間の結論。
(えっ、10日間の入院!?)

人体の血管の長さはおよそ10万キロ。
なんと地球を2周半する長さ。
血液は血管の中を時速216キロというものすごいスピードで
心臓から送り出されるという。

その圧力が血管にもろにかかってくるわけで、
60余年も経てばそりゃ血管の侵食、劣化も起こって当たり前。
そして、血管が詰まり(狭窄)、その先に血液が運ばれなくなると、
脳梗塞となるわけだ。

予兆としての症状から「未病状態」見つけ出し、
脳梗塞を未然に防ぐことはできるという。
もちろん詰まってしまった血管が戻ることはないが、
この点滴療法により、血管の脳全体の血流を良くし、
機能回復を導くことはできるというのだ。

さすがこの道の権威、金澤武道(たけみち)先生。
50年間に渡る臨床経験と6,000症例以上の実績からの
金澤流の「未病治療法」ということ。

海外での医療実績もある先生なのだが、
なぜか青森出身が伺われる津軽弁での診断トーク。
この訛りある優しい喋りが、
その経験と実績をより裏付けてくれたのだ。

これぞプロフェッショナル、
まさに“ビジネスの達人”である。
やっぱり、この領域をベンチマークとしなければ…

moba1

えっ、私が脳梗塞!?

moba2

気をつけねば…!

ページTOPへ
ページTOPへ